第二合衆国銀行
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
第二合衆国銀行(だいにがっしゅうこくぎんこう、英:Second Bank of the United States)は、1817年1月にアメリカ合衆国議会によって公認されたアメリカ合衆国銀行である。1841年に閉鎖されたが、1845年にその本部と資産をリッグス銀行(Riggs Bank)が承継した[2]。リッグス銀行は同年サミュエル・モールスに投資した。リッグス銀行はジョージ・ピーボディのビジネスパートナーであり、頭取のチャールズ(Charles C. Glover)は連邦準備制度の成立に関与した。1981年にワシントン・スターのアルブリトン(Allbritton)が買収により会長となり、1983年リッグス銀行はノーウィッチ・ユニオン(現アビバ)の子会社AP銀行を買収しビッグバンのきっかけをつくった。2005年PNC(PNC Financial Services, 一時ブラックロックの親会社)に買収された。
目次
1.概説
2.議論
├2.1.グレートプレーンズ
└2.2.銀行の退潮
3.建築
4.脚注
5.参考文献
├5.1.二次史料
└5.2.一次資料
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/12/24 02:01
ソ人気記事ランキング
2019/08/18 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 4位千と千尋の神隠し
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant