サービス終了のお知らせ
第二言語習得の理論
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
第二言語習得の理論は、第二言語習得(Second Language Acquisition(SLA))、つまり、人間がどのように第二言語を学習するかの研究分野での 理論仮説である。 第二言語習得の研究は 言語学, 社会言語学, 心理学, 神経科学教育などの研究分野と密に関係しており、結果として第二言語習得の理論の多くは、そのどれかに起源を持つ。 それぞれの理論は言語習得の過程に一定の光を当てるものとみなされているが、そのどれかが包括的な第二言語習得の理論として全ての研究者から支持されているわけではない。
目次
1.歴史
2.普遍文法 (Universal Grammar)
3.インプット仮説 (Input Hypothesis)
4.モニターモデル (Monitor Hypothesis)
5.相互交流仮説 (Interaction Hypothesis)
6.アウトプット仮説 (Output Hypothesis)
7.競合モデル (Competition Model)
8.コネクショニズム (Connectionism)
9.認識化仮説 (Noticing Hypothesis)
10.処理可能性 (Processability Theory)
11.自動化 (Automaticity)
12.宣言/手順モデル (Declerative/Procedural Model)
13.記憶との関係
14.註記
15.参照文献
出典:Wikipedia
2019/10/16 22:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant