第三次ポーランド分割
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
第三次ポーランド分割(ポーランド語: III rozbi?r Polski)は、1795年に行われたポーランド・リトアニア共和国の最後の分割第二次ポーランド分割に反対したポーランド人によるコシチュシュコの蜂起が鎮圧されたのち、その領土がプロイセン王国ハプスブルク帝国(オーストリア)、ロシア帝国に完全に分割され、ポーランドリトアニア両国は1918年まで主権国家の地位を失った。分割に参加した三国はあらゆる歴史的背景からポーランドの名を消し去ることで合意し[1]、百科事典などからもポーランドの項が消えた。ポーランドについて公文書で触れる必要が生まれた際には、代わりにマゾフシェなど他の地域名を用いるようになった。こうしたポーランド国家・ポーランド人抑圧政策により、ポーランド人は宗主国に対し数多の蜂起を起こした[2]。現代ポーランドでも、第三次ポーランドについては歴史研究分野や一般の論説の場において、特にポーランド・ロシア関係の観点から議論の対象となり続けている。ロシアは第三次分割で最も広大な領土と最大の富を獲得し、当時のヨーロッパ最強の国家の一つとなった。
目次
1.背景
2.第三次分割
3.その後
4.脚注
5.参考文献
6.関連項目
7.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/02/24 03:01
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant