サービス終了のお知らせ
第三軌条方式
▼人気記事ランキング
5.第三軌条方式の採用例
5.4.北アメリカ
アメリカ合衆国
メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ(MTA)
ニューヨーク地下鉄(MTA傘下のニューヨーク市都市交通局):直流625V
スタテンアイランド鉄道
メトロノース鉄道の電化区間(ニューヘイブン線の大部分を除く):直流800V
ロングアイランド鉄道の電化区間
エアトレインJFK
パストレインニューヨーク・ニュージャージー港湾公社
ワシントンD.C 地下鉄(ワシントン首都圏交通局):直流750V
ボストン地下鉄(グリーンラインとブルーラインの一部を除く):直流600V
SEPTA(フィラデルフィア)の地下鉄(ブルーライン・オレンジライン)・ライトレール「ノリスタウン高速線英語版」:直流625V
PATCO(ペンシルベニア・ニュージャージー州)
ボルティモア地下鉄:直流700V
シカゴ・L:直流600V
アトランタ・マルタ:直流750V
BARTサンフランシスコ・ベイエリアの都市高速鉄道):直流1,000V
ロサンゼルス地下鉄レッドラインパープルライン:直流750V
アムトラック都市部地下線区間の一部(煤煙防止のため電気式ディーゼル機関車などが集電して走る)
マイアミメトロレイル(Miami-Dade Metrorail
デトロイトピープルムーバ(Detroit People Mover
プエルトリコ(アメリカ合衆国自治領)
トレンアーバノ:直流750V
カナダ
モントリオール地下鉄:直流750V
トロント地下鉄:直流600V
バンクーバー・スカイトレイン:直流600V(リニアーモーター式、カナダ・ラインは直流750Vで駆動方式が異なる)
メキシコ
メキシコシティ地下鉄(A線を除く):直流750V
[4]前ページ
(5.3.CIS諸国)
[6]次ページ
(5.5.南アメリカ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/15 08:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/16 更新
 1位日本
 2位槇原敬之
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant