第一書記
▼人気記事ランキング
概要
第一書記(だいいちしょき、英語: First Secretary, ロシア語: Первый секретарь)は、主にマルクス・レーニン主義政党の党首を示す称号の一つ。

概要[編集]

ポーランド統一労働者党ドイツ社会主義統一党チェコスロバキア共産党モンゴル人民革命党ベトナム労働党なども、1953年以降ソ連共産党にならって党首の称号を「第一書記」に改めた。ブレジネフ時代以後は「書記長」に戻しているが、その時期はソ連と比べてかなり遅く、1970年代後半から1980年代まで「第一書記」が使われている。ただし、キューバ共産党は結党以来「第一書記」を使っている。なおベトナム語漢字表記では「第一秘書」だが、日本語および中国語では「第一書記」と表記することが一般的である。
朝鮮労働党の最高職は「総書記」であったが(1966年以前は委員長)、第2代総書記であった金正日の死去を受けて総書記は空席となり、2012年4月11日に開催された第4回党代表者会で総書記に代わる新たな最高職として「第一書記」が設置され、金正恩が就任した[1]2016年5月9日朝鮮労働党第7次大会において党第一書記に代わって新設された党委員長に就任。なお朝鮮語漢字表記では、ベトナムの例同様にそれぞれ「總秘書」「第一秘書」であるが日本語等では「〜書記」との表記が主流。
日本共産党1955年野坂参三が「第一書記」に就任したが、1958年には野坂は中央委員会議長となり、宮本顕治が「書記長」に就任、「第一書記」という職名はなくなった。1970年には、「書記長」はなくなり、「書記局長」が設けられ、不破哲三が就任したが、最高指導者である共産圏諸国などの書記長と異なって、委員長を補佐するポジションである。
マルクス・レーニン主義政党ではない政党が第一書記を職名に使用している場合もあり、フランス社会党の党首は「第一書記」(フランス語: Premier secr?taire)である。

関連項目[編集]

総書記 ‐ 「書記長」と「総書記」の原語は同じ「Генеральный секретарь」である。
委員長

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2018/11/11 08:30
ソ人気記事ランキング
2018/12/19 更新
 1位日本
 2位紀尾井坂の変
 3位大久保利通
 4位西郷隆盛
 5位マコーレー・カルキン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant