サービス終了のお知らせ
大日本プロレス
▼人気記事ランキング
概要
大日本プロレス(だいにほんプロレス、: BIG JAPAN PRO-WRESTLING)は、日本プロレス団体

特徴[編集]

デスマッチ団体を標榜しており、派手なデスマッチを特徴としている。旗揚げ当初は試行錯誤を重ねて徐々に、デスマッチへ特化していった。その後、ストロングスタイルへ台頭を経て現在に至る。

歴史[編集]

1994年12月21日、日本プロレス及び全日本プロレス出身のプロレスラーでWAR営業部長としてフロント入りしていた小鹿信也(グレート小鹿)が、10月27日に解散した元NOW所属選手のケンドー・ナガサキらと共に設立。旗揚げ戦には元NOWの谷口裕一、元NOW代表取締役の登坂栄児がレフェリーとして参加した。さらに元UWF所属選手のブルーザー岡本、元東京プロレス所属選手の山川征二(現:山川竜司。山川も元NOW所属選手であったが谷口や登坂と異なり東京プロレスを経由して大日本に移籍している)、生え抜き第1号となった練習生の小林洋輔(現:アブドーラ・小林)が所属選手となり、I.W.A.JAPANや東京プロレスなど他団体の協力を得て陣容を整えた。

1995年3月16日、横浜文化体育館で旗揚げ戦を開催。草創期は現在も続くデスマッチ路線のほか、エースのナガサキが「打倒、ヒクソン・グレイシー」を明言して総合格闘技への進出を表明し、団体も「ハラキリ」と称してナガサキのバーリトゥード路線を支えたが、9月26日のジーン・フレージャー戦で36秒でKOされて惨敗を喫したため、バーリトゥード路線は頓挫。デスマッチを中心とした純プロレス路線に方向性を特化していった。

草創期のデスマッチアイテムとしてはFMWなどでも行われていた有刺鉄線(当初、大日本では「バラ線」と称していた)がメインであったが、元W★INGプロモーション所属選手のグレート・ポーゴ(ミスター・ポーゴ)、松永光弘中牧昭二などが参戦する様になってからは過激なデスマッチ路線に拍車がかかり、中牧が所属以前に主戦場としていたI.W.A.JAPANで頻繁に行われていた画鋲やガラスを使用したデスマッチや、松永が考案したサボテン、サソリ、ワニなどを使用した奇抜なデスマッチにファンの注目が集まった。また、若手選手の中から山川や小林、さらにI.W.A.JAPANから移籍した志賀悟(現:シャドウWX)などがデスマッチ路線に投じ、後に中心選手として活躍する素地を築いたと言える。また、社長の小鹿も当時50代後半に差し掛かりながら現役として復帰してデスマッチに出場し、出場時の様々なコスプレも話題になった。

1996年には後述する新日本プロレスとの抗争が勃発し、1997年1月4日の新日本の東京ドーム大会では小鹿を筆頭に5名が出場したがそれ以上の進展はなかった。話題作りの一環として7月にはクマの招聘を計画していたものの、動物愛護団体の反発により、頓挫するなど試行錯誤が続いたが、最終的にはデスマッチ路線に再び活路を見出すことになった。この間に中心選手であったナガサキや中牧が大日本を離脱して、デスマッチ路線の陣容は松永、山川、小林、WXらが中心に変わり、新たにデビューした本間朋晃葛西純が参入し、さらにアメリカのハードコアプロレス団体「CZW」と業務提携を結んで陣容を整えてきた。現在の大日本のデスマッチとして代名詞となっている「蛍光灯デスマッチ」は、この当時在籍していた本間によって考案されている。

1999年からは「大日本最侠タッグリーグ戦」を開催。2003年を最後に1度休止となるが、2009年に復活した。

2001年12月2日には横浜アリーナへの興行に進出。ミル・マスカラステリー・ファンクの招聘、ガラス爆破デスマッチのほか、当時、頭蓋骨骨折で長期戦線離脱していた山川の復帰戦が行われるなど、現在に至るまで最大規模の興行となっている。なお、横浜アリーナ進出に至った経緯については、当時後楽園大会が不入りが続くなど団体が崩壊寸前まで陥っていたため、それに対する「ショック療法」だったと登坂が社長就任後にこう語っている[1]。その一方、開催資金用の借入金の返済が2008年初頭までかかった。

この頃に前後して上記の選手勢に加え関本大介伊東竜二沼澤直樹(現:"黒天使"沼澤邪鬼)ら若手選手の陣容も整ってきたことから、小鹿社長は興行に出場する機会が少なくなり、ちゃんこ屋などの副業に進出して登坂統括部長が代わって興行の現場監督的な立場として表舞台に立つ様になった。

その後は、自主興行のほかにDDTプロレスリングKAIENTAI DOJOと「天下三分の計」と称した合同興行なども行っていた。また、2007年からは「興行権付き福袋」と称して正月に興行権をファンに販売して興行を開催するという企画も実施している。

2010年に開催された設立15周年記念大会にあっては、かつてCZW軍の主要員であったニック・ゲージのみならず、欠場となったトレント・アシッドの代理としてCZWオーナーのDJハイドが参戦。約10年ぶりの団体交流が実現。またこの頃から「ストロングBJ」をスローガンに掲げ、既に関本を通じて関係を持っていたプロレスリングZERO1との交流を深めるなどストロング部にも力を入れるようになる。9月9日の新宿FACE大会にて関本が、世界ヘビー級王座奪取に成功。同年には大日本が音頭を取り、「年越しプロレス」を開催してメジャー、インディー、女子など30以上のプロレス団体とプロレスプロモーションが後楽園ホールに集結して大会を成功に導いた。

2011年、2月から4月にかけてデスマッチ部でのシングルリーグ戦「一騎当千」を開催、優勝者の佐々木貴には5月5日横浜文体でのデスマッチヘビー級次期挑戦権が与えられた。このリーグ戦の期間中にあたる3月11日に東北地方太平洋沖地震東日本大震災)と東京電力福島第一原子力発電所での事故が発生。施設の損傷と電力事情悪化で3月21日夜開催予定の後楽園ホール大会開催が危ぶまれたが、震災後後楽園初開催となった昼のアイスリボンに続いて無事開催にこぎつけた。ストロング部門では全日本プロレスと交流をはかり、3月21日両国国技館大会にて関本と岡林裕二が全日本のアジアタッグ王座を獲得する。7月、それまで代表取締役社長を務めていた小鹿が退任し、後任として統括部長だった登坂が代表取締役社長に昇格した(小鹿は代表権のない取締役会長に。)。8月25日後楽園、元全日本女子プロレスリングアナウンサーの今井良晴がゲストでリングコールを行い、これ以降、今井リングアナウンサーが後楽園と横浜文体を中心に今井リングアナが死去する直前の2013年6月30日まで参加した。12月、業務提携を行っているCZWwXwのライセンス契約を締結した。

2012年、前年に続きシングルリーグ戦「一騎当千」を開催。前年と違いこちらはストロング部門のリーグ戦となり、これ以降は奇数年をデスマッチ部門、偶数年をストロング部門で開催される。リーグ戦に優勝した佐々木義人大日本ヘビー級王座廃止で消滅していたストロング部門の新王座創設を明言した。「BJW認定世界ストロングヘビー級王座」が創設されて5月5日、横浜文体にて初代王者決定戦が行われた。6月より六角橋商店街で行われていた商店街プロレスを、横浜市商店街総連合会との共同企画で市内10数ヶ所に拡大して開催。7月15日、デスマッチ新世代の一人であった山川が札幌テイセンホール大会をもって現役を引退した(但し、スタッフとして会社には残る)。

2012年下半期に入り、金村事件の影響で他団体より遅れ気味であったネット上での活動を活発化していく。まず事件の影響で禁止していた選手個人ブログの開設やTwitterの利用を解禁。動画共有サイトでも12月にYouTube2013年2月15日にニコニコ動画にて専門チャンネルを開設。同時にメディア部を新宿区に設立して横浜本社から独立させた。なお、このメディア部はニコニコ生放送のスタジオを兼ねている。

2013年5月、ストロングスタイルトーナメント「RISING」を開催。16人が出場し週1回ごとの3日間で決勝まで4試合を争い、河上隆一が優勝した。また、選手の離脱が相次ぎ層が薄くなっていたプロレスリング・ノアにもストロング部門から一部選手が参戦した。一方で全日本が「鎖国」を打ち出したのに伴い交流が途絶え、代わってその全日本から分裂して旗揚げされたWRESTLE-1と交流が開始されて本格的な相互参戦が行われる。7月に今井リングアナが死去した事を受けて追悼興行が10月1日後楽園ホールにて全日本女子OG選手を中心とする女子選手の協力を得て開催された。スタッフの追悼興行は業界内でも異例の事であった。

2013年から2014年にかけては欠場選手が続出して一時はフリーのレギュラー参戦者を含め10人近くが欠場する異常事態となった。これを受けて「一騎当千 -strong crimb-」は中止になる方向だったが、選手側からの要望により時期をずらしての開催となった。その後は徐々に選手が復帰し新人選手もデビューする一方で大日本所属選手の退団や引退などが、相次いだ上に団体設立の経緯から友好関係にあったプロレスリングFREEDOMSからデスマッチのレギュラー参戦者がいなくなるなど、陣容の大幅な入れ替えを迫られることになった。

2015年、団体旗揚げから20周年に当たるのを記念して7月20日に両国国技館へ進出して[2]成功を収め以降も年1回の両国開催を継続させている。他に札幌、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡のビッグマッチツアーを行なっている[3]。また後楽園ホール3連戦の最終日だった8月18日の開催日程を、悪性リンパ腫で闘病中の垣原賢人を支援する「Moving On〜カッキーエイド〜」に提供する形で協力した(垣原との接点はほとんどなかったが、同じプロレス界の人物として協力に至った。)[4]。この年の後半より経営体制の変わった全日本との交流を再開し、2016年新木場1stRingで若手中心の興行を毎月交互に開催した。

2017年は他社との共同企画でプロレス業界初となる『VRプロレス』の収録試合を実施し、また選手からの要望を受け「ストロングBJ」のジュニアクラスにあたる「ストロングJ」を創設。8月には垣原賢人の復帰により開催された『カッキーライド』に再び協力した。

主な出来事[編集]

新日本プロレスとの抗争[編集]

1996年6月30日、「力道山OB会&プロレス」が横浜アリーナで開催した「メモリアル力道山」にメジャー団体、インディー団体、女子プロレス団体を含めた16団体が参加。大日本もケンドー・ナガサキ&山川竜司組対中牧昭二&たにぐちゆういち(現:谷口裕一)組の1試合を提供。しかし、第1試合から第5試合に出場したインディー団体の試合を見た新日本プロレス長州力武藤敬司らは挙って、その試合内容を批判する有様であった。特に長州は「俺個人から言わせりゃ、あんなもんプロレスじゃないね」と発言している。

この長州のインディー団体批判に対して新東京プロレス石川敬士(現:石川孝志)とともに、小鹿が長州の発言に対して「インディー団体を舐めるな!」と反論して論争を続けた結果、9月17日の新日本愛知県体育館大会で小鹿、ナガサキら7名の所属選手が乱入して新日本に宣戦布告をする実力行使に至った。小鹿をはじめとする所属選手達が土足でリングに乱入したことで新日本ファンから大ブーイングを浴びた。この乱入直前、彼らは強い緊張を感じていたという。その一員だった田尻義博(現:TAJIRI)によると「まだ時間があるからと立ち寄った喫茶店で小鹿さんがクリームソーダを注文して緊張で、それどころではない選手たちはとりあえず「俺も」、「俺も」と注文して皆でクリームソーダを飲んでいました」と述懐している。

その後も執拗に乱入を繰り返したことで、1997年1月4日に新日本東京ドーム大会で対抗戦を実現させる形となった。

大谷晋二郎(新日本)対 田尻義博(大日本)
後藤達俊(新日本)対 ケンドー・ナガサキ(大日本)
蝶野正洋(新日本)対 中牧昭二(大日本)
マサ斎藤(新日本)対 グレート小鹿(大日本)
以上の4戦が組まれて大日本勢はナガサキ以外すべて敗れたが、小鹿はタキシードに赤髪姿で、中牧は有刺鉄線ボードをリングに持ち込んで試合に臨むなどインパクトを残したほか、田尻は同じジュニアヘビー級の大谷を相手に善戦したことで、後に新日本の「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」に参戦して、さらには大日本退団後のアメリカのECWWWEへの参戦につながった。

当初は「新日本プロレス対インディー連合軍」として、インディー団体のトップレスラー達と新日本による対抗戦を狙っていた。しかし、ラインナップを予定していたターザン後藤高野拳磁は出場を辞退し、当時大日本のメインイベントに出場していた松永光弘も出場を拒否して最終的には「新日本対大日本」の小規模な対抗戦で終了する形となった。

その後は単発的に新日本と関わっていたが徐々に関係は疎遠になり、後述の金村事件を理由に関係が2009年から断絶されていたが、2018年5月15日に新宿FACEにて開催されたライオンズゲートプロジェクト12に関本大介が出場し、新日本との交流が復活している。

大日本プロレス女子部[編集]

1997年から2000年前半にかけて、大日本では女子部を併設していた時期がある。元吉本女子プロレスJd'の所属選手であった亜利弥’、藤村奈々、生え抜きの川崎美穂が設立時に所属し、1997年7月19日横浜文化体育館で開催されたジュニア・オールスター戦GAEA JAPAN主催)にて本格的に活動を開始した。しかし、3人はいずれも短期間で退団となった。その後、元革真浪士団市来貴代子、中野知陽呂が所属するとともに藤村も再デビューを果たして同じ横浜を本拠としていたNEO女子プロレスやフリーの矢樹広弓、メキシカンレスラーなどが参戦していた。BJW認定女子王座も設立されたが結局、2003年までに自然消滅している。

女子部が消滅した後も不定期ながら団体外の女子選手が適宜大日本に出場しており、長与千種尾崎魔弓木村響子ら大日本のデスマッチに挑戦した女子選手も存在した。但しミックスドマッチは同じインディーのDDT・K-DOJO・WNCに比べ消極的であり、木村のデスマッチ挑戦も男子選手との体力差から難色を示され頓挫している。特に金村事件以降は、女性問題に発展する事態を回避する為、大日本所属選手とのミックスドマッチを他団体参戦時を含め基本的に許可しない方針を固めている。

一方でアイスリボンOZアカデミープロレスリングWAVEなどとの合同興行あるいはリングを貸し出しての昼夜興行(特に横浜ラジアントホール名古屋ダイアモンドホールなどの大会で、昼に女子団体、夜に大日本の形で開催)も開催してアイスリボンとWAVEより随時試合提供も受けており、逆に大日本から試合提供をする事もある。なお、女子部設立前にはGAEA JAPANから試合提供を受けたことがあった。

旗揚げ15周年となる2010年4月に女子部が復活して亜利弥に加えマルセラも再度参戦。

BJW認定女子王座は当時JWP女子プロレスに在籍していた米山香織が奪取してから8年が経過した2011年に防衛戦を決行して直後に返上そして封印された。そのJWPは2010年9月19日に大日本後楽園と同時間帯に開催された新宿FACE大会で米山vsさくらえみJWP無差別級選手権試合を「敗者髪切りマッチ」として行った事と、2011年の米山引退撤回騒動で大日本との関係を悪化させている。2012年はJWPとの合同興行が開催されたが、開催日を米山の海外遠征に合わせて設定。その後、米山のJWP退団後の2014年の六角橋商店街大会でJWPより試合提供が行われるまでに改善された。また、アイスリボンも金村事件以降、関係が悪化していた時期があったが、こちらは大日本のスポンサー企業であるネオプラスが2009年にアイスリボン事業部を設立したのを機に改善されている。

リングトラック募金[編集]

2004年5月5日北海道遠征のために北見市に移動中、使用していたリング運搬用トラックが事故に遭い廃車を余儀なくされた。このため、代替車両購入のための資金をファンから募集した。

スタッフや選手がトラック購入に奔走した結果、購入の目処が立ち、2005年に名古屋の運送会社から新車(いすゞ・フォワード)を購入し3月にファンにお披露目され、使用を開始した。車体には募金したファンの氏名、法人名も刻まれた他にデザインも大日本のロゴマークや当時の小鹿社長と所属選手11人の顔写真が入ったものとなった。

2007年、この車両は自動車排出ガス規制ディーゼル車規制条例)に抵触し、首都圏では車検を通すことが出来なくなることが判明。大日本は3代目のリングトラック(三菱ふそう・ファイター)を購入し代替し、2017年6月まで使用された。2代目は積み荷のリングごと横浜市から北海道に渡り、大日本を含む北海道でのプロレス興行開催時のリング運搬に使用されている。

また、選手移動用のバスも「昭和生まれ」の三菱ふそうトラック・バス製が2011年8月にエンジンブローを起こし、2代目もエアサスの問題を起こし、それぞれ廃車となった。短期間で3代目(中古の日産ディーゼル製の夜行高速路線バス仕様)に交代している。2019年10月25日、高松大会に向かう途中の選手バスが故障し即廃車。その後はレンタカーのマイクロバスで移動している。

金村キンタローによる女性スタッフ強制猥褻事件[編集]

2008年1月20日、大日本プロレス(以下「BJW」)、DDTプロレスリングKAIENTAI DOJOによる合同興行「天下三分の計千葉Blue Field大会開催前にアパッチプロレス軍金村キンタローがBJW女性スタッフを強制猥褻した。

女性スタッフはこれ以上被害者を増やさないように公式発表してほしいと懇願するも、BJWの登坂統括部長は感情的な口調で被害者を威嚇して「公表したら皆が損するんだよ?君がそんな交戦的な態度じゃ一緒に仕事出来ないよ」と泣き寝入りを強要し、隠蔽工作を謀ろうとした。

隠蔽工作に納得のいかないリングアナウンサーの村上☆健がブログで告発しようとしたが、会社の意に沿わない行動をして混乱を招いた(=隠蔽工作に協力しなかった)との理由で2月16日付でBJWへの無期限出入り禁止処分になる。

2月17日、登坂がブログで一方的に終息宣言。それを見た被害女性スタッフがBJW公式メルマガで暴露、警察へ届け出る意向を表明。

2月18日、被害女性を名乗るものが千葉県警千葉中央警察署に被害届けを提出したと村上ブログコメント欄で発表。しかし後に発表された和解の報道では被害届けが提出前であったと発表されていてこの内容と矛盾するため、真偽は不明である。

同日BJW横浜本社にて、登坂、並びに伊東竜二"黒天使"沼澤邪鬼が記者会見。金村の(1月24日からの)無期限出場停止処分を発表。隠蔽工作について大日本側はあくまで話し合い合意の上の措置だったと発表するが、被害者発メルマガ&村上ブログの言い分とは大きく食い違う。

同席した佐々木貴より、アパッチプロレス軍の活動を2月22日新木場1stRING大会をもって無期限停止すると発表した。これに伴い、3月7日に予定していたアパッチ新木場大会の中止を同時に決定する。

2月19日、登坂が自身への処分として役員報酬三か月分100分の30を返納、現場責任者兼統括部長の職を2008年2月19日を以って解任することを公式リリースするも役員には残留、この処分はあくまでもメールマガジン運営の管理責任をとったという形の処分であり隠蔽工作への責任、謝罪などには一切触れていない。これとは別に、自らの申し出により中継番組「大日大戦」の実況を2月26日放送分(2月16日広島産業会館大会)より降板。

2月20日、金村、黒田哲広選手の同席にて謝罪会見。選手としての活動を無期限自粛、出場予定していた他団体への出場も全て辞退したことを発表する。

2月21日、村上がブログ上で先日BJWが発表した今回の事件の経緯についての矛盾点を指摘する。

2月22日、アパッチプロレス軍新木場1stRING大会終了後、金村がアパッチプロレス軍を解雇になり、アパッチプロレス軍の運営会社の預かりとなる。

2月27日、弁護士同席のもと登坂、伊東、村上の話し合いが行われ、ブログに掲載致したに内容に事実と異なった内容、思い違いで書いてしまった内容があり混乱を招いたとして村上のブログにてお詫びが掲載された。

3月2日桂スタジオ大会開始前、小鹿社長・登坂統括部長がリング上で謝罪すると共に、登坂の後任の現場責任者兼統括部長として志賀悟(シャドウWX)の就任を発表した。ただし、選手活動を優先させたいというWXの意向により当面は代行という形を取ることになった(その後、WXのデスマッチヘビー級王座獲得に伴い、退任。その後、登坂取締役が9月1日付けで再任)。

3月11日、金村より3月2日に被害者女性と金村の代理人である笹原雄一、村上の三者で話合いが行われ、被害者女性と金村との和解が成立したことを報告する会見がおこなわれた。(被害者女性の希望で話合いに金村は同席させず、村上のみが立ち会う。)和解の条件として、以下のことなどが記された示談書(和解文書)が作成された。

今後、金村が被害者女性と電話、メール含め一切の接触を行わないこと。
アパッチ関係者も同様に被害者女性に誹謗中傷等を含めたコミュニケーションをとらないこと。
慰謝料、示談金の請求を行わないこと。
2008年3月18日、村上がブログ上にて自身と被害者女性の近況を報告。被害者女性と金村の和解については圧力的なものはないこと。被害者女性がある人物への怒りは消えてないものの新しい職場で働き始めていること。BJWから被害者女性をケアする電話一本すらきていないが被害者女性自身が「2度と大日本プロレスとは関わりたくも無い」といっている以上仕方ないということ、BJWのリングアナウンサーの新土裕二と新人レスラーの石川晋也へのエールなどが書かれていたが次の日にその記事は削除された。

2008年3月27日、メビウス新宿FACE大会にて金村が復帰した。以降は大日本のリングに姿を見せることなく、2016年12月27日に引退した (ただし、この日に行われた金村の引退試合では6人タッグマッチながら大日本所属の関本大介が相手を務め、ジャーマンスープレックスで金村から直接3カウントを奪取している)。

事件の影響[編集]


アパッチプロレス軍(第1次) - 3か月の活動停止後も観客動員数や求心力の低下に歯止めがかからず、2009年8月に解散した。
プロレスリングFREEDOMS - 第1次アパッチの後継プロレス団体として2009年9月2日に旗揚げ戦を開催したが、「事件への責任逃れ」などの批判が相次いだ。
リキプロ新日本プロレス - 第1次アパッチに所属していた選手の招聘を一時取りやめ。招聘再開となった2009年新日本主催スーパーJカップGENTAROが出場)でも「人選ミスが2人いる(もう1人は男色ディーノ)」と揶揄された。また、新日本は2009年から2018年の間、BJWとの関係を断絶している。
MOBIUS - 金村キンタローの復帰の場となったが批判が止むことなく、その後、代表の折原昌夫天龍プロジェクトに参加したため2010年9月に活動を停止。2014年に活動を再開した。
XWF - 金村が2008年8月6日に旗揚げ戦を開催した新たなプロレス団体だが計画していた新宿コマ劇場大会が頓挫した上にキャッシュボックスとの意見の食違いなどから運営も滞り2010年12月17日にやはり代表の不祥事が原因で解散したTEAM MAKEHENを事実上吸収してアパッチプロレス軍(第2次)の名前に改称する形で解散。加えて小幡優作がXWFへの移籍直後にBJW横浜文化体育館大会に出場した際に大きな批判を浴びたため小幡もBJWへの参戦を見合わせる(プロレスリングZERO1移籍後の2012年7月より再び出場)。
アイスリボン - 提供試合として横浜プロレスに参加していたが2008年3月大会をもって撤退。同時にTVS大日大戦のアイスリボンのコーナーも打ち切りになった。その後、FREEDOMS所属選手の参戦に批判の声が上がったこともあった。
KAIENTAI DOJO - 事件の現場となった千葉Blue Fieldの他団体への貸出を中止。2010年8月のFREEDOMSより貸出再開されたものの中止の影響は大きく、2011年12月には千葉Blue Field(REINAアリーナに変更後、現:Blue Field)、2012年には団体運営権までもレイナ・コーポレーション(その後さらに別会社)に譲渡することを余儀なくされた。
ハッスル - 金村は黒田哲広と共にハードコア要員として重用されていたが、ともに追放。その後、大変革を挙行するも資金繰りが悪化し2009年に活動停止となった。

試合会場一覧[編集]

主要試合会場[編集]

大日本プロレスは会場ごとにポジショニングを分けて、それぞれに合わせた興行を行っているのも特徴である。

旗揚げ戦の会場となった場所で年2回開催される。2011年以降の開催日は毎年5月5日と12月第3日曜日(2013年のみ改修工事の関係で11月4日)でほぼ固定。BJW認定デスマッチヘビー級王座もしくはBJW認定世界ストロングヘビー級王座の選手権試合が必ず行われる。
両国国技館
旗揚げ20周年を記念し2015年に進出。以降、継続的に使用している。開催日は概ね7月第3月曜日の海の日でほぼ固定。
上記の横浜文化体育館よりも遥かに大型であるが、会場側の規制により蛍光灯、ガラスなど飛散するデスマッチアイテムは使用禁止。
枡席を設置しないことも特徴。
後楽園ホール
基本的に月1回ペースで開催(月2回以上になる場合もある)。
特に毎年1月2日夜は全日本プロレスとの昼夜興行として大日本の年初めとなる大会が固定で行われてグレート小鹿の誕生日にあたる4月28日も開催。2014年8月には初の3連戦を敢行。
新木場1stRING
過激なデスマッチが行える会場として後楽園ホールに次ぐ数の大会が行われている。
2014年からは新宿FACEとの使い分けでデスマッチ中心の会場となり、2016年より若手中心のD−RIZEと平行して通常の興行が行われている。
横浜にぎわい座
別ブランドの横浜プロレスDダッシュ2011年より開始されたDAINICHI-Xの会場としても使用されていた。
2013年からは「大日にぎわいTHEATER」として開催して他にも企画的な大会や試合が実施されることが多い。
上野恩賜公園野外ステージ
2011年より1日複数部興行の1部を500円で観戦できる「ワンコインプロレス」を実施。以降も入場料を抑えた興行を年に数回行なっている。
2016年8月にはアイスリボンと合同で「夏の上野プロレス祭り2016」として計8日間14部に渡り開催。

商店街プロレスの主要試合会場[編集]

2012年より一般社団法人横浜市商店街総連合会と連携して横浜市内各所で商店街プロレスが開催されている(プロジェクトリーダーに、"黒天使"沼澤邪鬼が就任)。以下は、その主要開催地である。

他の会場は概ね、雨天中止になる屋外の会場が多い中、杉田駅京浜急行電鉄)の駅ビル内で開催する為、雨天の心配がないのが特徴。
二俣川銀座商店会
六角橋商店街
大日本プロレスが参加した映画「お父さんのバックドロップ」のロケ地となった縁で「商店街デスマッチ」と題して行われている。現在行われている商店街プロレスは、この企画の発展形である。
初開催となった2004年で、突入した駄菓子屋が破壊されて以来、この会場では場外乱闘で何かが破壊されている。なお、この場外乱闘はアブドーラ小林宮本裕向が絡んでいる。 2006年 : tvkの番組「みんなが出るテレビ」のブースのテレビ。
2007年 : 売店脇の冷蔵庫
2009年 : メインイベントの勝利者賞として用意されていた液晶テレビ。
2014年 : 自家用車。
商店街プロレスは基本的に無料興行として行われるが、この会場は別格扱いでデスマッチが行われる場合は有料興行となる。
小机商店街
金沢文庫ふれあい商店街
会場が高架下にある関係で、雨天の心配がない。

その他の試合会場[編集]

メジャー団体と同様に全国各地を巡業している。特に頻繁に行われる会場は以下のとおり。

イベントなどで開催している。
博多スターレーン
他団体との協力で合同興行や昼夜興行の形で開催。
DIAMOND HALL
女子プロレス団体(主にJWP女子プロレスプロレスリングWAVEOZアカデミー女子プロレス)との昼夜興行として2ヶ月に1回ペース(奇数月最終日曜日)で開催。
ニコニコ動画ニコニコプロレスチャンネルニコニコ生放送ライブ中継も実施されている。
Rensa
2014年より仙台市デスマッチができるプロレス会場として使用中。女子プロレス団体などとの昼夜興行として開催。
名古屋市と同様にニコ生ライブ中継も実施。
南国市商工会東隣駐車場特設リング
2009年より、毎年夏に「ビアガーデンプロレス」として開催。岡林裕二の地元凱旋興行の開催場所でもある。
広島県立広島産業会館
デイリースポーツの後援の下で「広島"大"熱狂プロレス」として開催。当初は東館を使用していたが2014年9月の大会より、西館で行っている。
ススキノ・マルスジム
閉鎖された札幌テイセンホールの代替会場として2015年から使用開始。冬季を除く年3回開催。女子プロレス団体(主にアイスリボン)などとの昼夜興行として開催する事もある。2019年12月閉鎖。
園田競馬場特設リング
「大日本プロレスカップ」というレースを年度ごとに複数回開催しており、2014年より競馬開催と並行して試合を行っている。
ツインメッセ静岡
金沢流通会館
高岡テクノドーム
2009年に蛍光灯445本デスマッチが行われた。
キラメッセぬまづ
蓮華寺池広場
鶴見緑地花博記念公園館付属展示場
数少ない屋外会場。ファイヤーデスマッチが恒例となっている。
八戸シーガルビューホテル体育館
大阪府立体育会館第2競技場
大阪市内各会場にて大阪プロレス道頓堀プロレス参戦選手との交流戦が定期的に開催されているが、同会場はその最大級の大会として毎年8月に開催している。

過去に使用した試合会場[編集]

稲沢駅前特設リング
川崎市体育館
桂スタジオとは対照的に蛍光灯が使えない等の規制が多く、その中でいかに質の高い試合を提供できるかが求められた。2014年に老朽化により閉鎖。その後カルッツかわさきとして生まれ変わり、興行も開催されているが、大日本は関与していない。
ラゾーナ川崎プラザソル
かつて大日本プロレスを含む各プロレス団体から参戦選手を募り、若手選手の育成の場としての興行を実施。そのため、デスマッチはあまり行われず、通常ルールの試合がほとんどとなった。2008年11月から別ブランドのDダッシュが設立されるため、使用されていない。
桂スタジオ
2か月に1回のペースで開催していた。首都圏の屋内会場の中では規制が最も緩いため新世代デスマッチファイターの発掘や後楽園ホールではできないような試合形式など実験的なカード編成が行われる。この自由度を利用して2004年には18歳未満入場禁止の興行を開催している。2008年からは「好きです!さいたま!大日本」という地域スローガンを掲げて埼玉県での活動拠点として興行を行うが2009年1月4日から使用されていない。現在は施設自体が閉鎖。
新潟フェイズ
函館市民体育館
グレート小鹿函館市出身ということもあり社長時代には毎年興行が打たれていたが社長退任後よりこの会場は使用されなくなった。2015年に閉鎖。
オーストラリア記念館
各団体が使用していたが、2013年12月に閉鎖される直前に大日本プロレスが追悼興行を開催。
晴海埠頭特設リング
2005年に秋葉原駅前特設リングで開催されていたファイヤーデスマッチを首都圏では約4年ぶりに復活させた。
横浜赤レンガ倉庫1号館
2007年に他団体の協力を得て「赤レンガ プロレスフェスティバル」を開催。メジャー団体の所属選手が特別参戦してメジャー団体とインディー団体による交流戦も行われた。2013年1月には「横浜プロレスフェスタ」として開催されている。施設の貸出方針変更のため2014年1月が最後の自社興行となった。なお2016年からは「イベントへの参加」という形で試合を行なっている。
シアター1010ミニシアター
2013年に「BJW-REAL」を開催していた。
新宿FACE
2014年のみ本格的に使用していた。デスマッチ中心の新木場1stRINGに対してストロング中心の大会を開催していた。
札幌テイセンホール
グレート小鹿が北海道出身ということもあり、準フランチャイズに指定している。「BJW北の聖地」とも呼ばれている。2010年からは毎年10月に他団体と合同興行「札幌プロレスフェスタ」を開催。2015年6月をもって閉鎖されて通常形態は4月19日をもって終了。6月30日の同会場最終営業日に特別興行を開催。

大日本プロレスの別ブランド[編集]

神奈川県横浜市を中心に活動している興行。
MEN'S CLUB FIGHT
MEN'Sテイオーのプロデュース興行。
Dダッシュ
若手選手による興行。
D-RIZE
若手選手による興行。

タイトルホルダー[編集]

所属選手[編集]

※所属選手は「デスマッチBJ(D)」・「ストロングBJ(S)」・「ストロングJ(J)[注 1]の3ブロックに分類されているが、ストロングルールでの試合には全員出場しており、大日本において中間ルールに当たる「ハードコア(H)」も試合によってはほぼ全員出場している。

アブドーラ・小林
伊東竜二
"黒天使"沼澤邪鬼
星野勘九郎
高橋匡哉
植木嵩行
佐久田俊行
ドリュー・パーカー
石川勇希
谷口裕一
関本大介
岡林裕二
河上隆一
浜亮太
中之上靖文
橋本大地
神谷英慶
オルカ宇藤
菊田一美
野村卓矢
加藤拓歩
兵頭彰
橋本和樹
吉野達彦
関札皓太
青木優也
森廣祐基
佐藤孝亮
グレート小鹿
フランク篤

レギュラー参戦選手[編集]

竹田誠志(D)
鈴木秀樹(S)
ボディガー(S)
TAJIRI(J)
バナナ千賀(J)
ツトム・オースギ(J)
バラモンシュウ(H)
バラモンケイ(H)
佐藤耕平(S)
宮本裕向(D)
(J)
竹田光珠(J)
木イサミ(D)
関根龍一(D)
塚本拓海(D)
阿部史典(J)

フリー・他団体参戦選手[編集]

※2020年に参戦した選手のみ

日本人選手[編集]

竹田誠志(D)
藤田ミノル(D)
入江茂弘(S)
KAMIKAZE(S)
川畑輝鎮(S)
松崎和彦(S)
井上勝正(J)
金本浩二(J)
瀧澤晃頼(J)
TAJIRI(J)
ツトム・オースギ(J)
ツバサ(J)
バナナ千賀(J)
政宗(J)
バラモンシュウ(H)
バラモンケイ(H)
雷神矢口(H)
レザー・フェイス(H)
ビリーケン・キッド(J)
近藤博之(J)
T-Hawk(S)
エル・リンダマン(J)
CIMA(J)
岩ア永遠(S)
北村彰基(S)
佐藤耕平(S)
田中将斗(S)
火野裕士(S)
横山佳和(S)
大谷晋二郎(J)
ヤス久保田(J)
ヒデ久保田(J)
菅原拓也(J)
高岩竜一(J)
日高郁人(J)
ジェイク・リー(S)
谷嵜なおき(J)
浅川紫悠(S)
滝澤大志(S)
タンク永井(S)
吉田綾斗(S)
吉野コータロー(S)
旭志織(J)
梶トマト(J)
ナカ・シュウマ(J)
花見達也(J)
本田アユム(J)
最上九(J)
若松大樹(J)
宮本裕向(D)
怨霊(J)
(J)
竹田光珠(J)
稲村愛輝(S)
木イサミ(D)
関根龍一(D)
塚本拓海(D)
阿部史典(J)
中津良太(J)
佐々木貴(D)
吹本賢児(D)
平田智也(H)
稲葉雅人(D)

外国人選手[編集]

ジョシュ・クレイン(D)
クワイエット・ストーム(S)
チェイニング・デッカー(D)
ジミー・ロイド(D)
シュラック(D)
マット・トレモント(D)
クリス・ヴァイス(S)

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

フランク篤
マック竹田
中谷諒平

リングアナウンサー[編集]

新土裕二(広報兼任)
熊川悠司

リングドクター[編集]

ドクター水上

統括[編集]

伊東竜二
橋本和樹

その他[編集]

高塚英樹(企画部長)
広瀬ちずる(広報)
リザーブ池田(東北大会と東海大会の興行責任者)
高橋二郎(北海道大会の営業スタッフ)
中村一徳(映像プロデューサー、ディレクター、BJ-X店長兼任)
大黒坊弁慶(スタッフ)
山川竜司(飲食部)

ユニット[編集]

高橋匡哉
植木嵩行
佐久田俊行
アブドーラ小林
鈴木秀樹
オルカ宇藤

ドリュー・パーカー
吉野達彦
関札皓太
竹田光珠

タッグチーム[編集]

宮本裕向
木イサミ
バラモン・シュウ
バラモン・ケイ
ヘラクレス千賀
ツトム・オースギ
橋本大地
神谷英慶
藤田ミノル
星野勘九郎
竹田誠志
塚本拓海
橋本和樹
青木優也
野村卓矢
阿部史典

歴代所属選手[編集]

プロレスラー[編集]

ケンドー・ナガサキ
田尻義博(現:TAJIRI)
山川竜司(旧:山川征二、竜司山川)
葛西純
本間朋晃
神風(現:KAMIKAZE)
藤田穣(現:藤田ミノル)
ジ・ウィンガー
松崎和彦(旧:松崎駿馬、松崎番長)
ブルーザー岡本
越後雪之丞(旧:笛田友和)
田上泰助
井上勝正
下田大作
上条裕二
谷口剛司
佐藤義尚
今井計(旧:豹魔、現:刃駈)
クレイグ(旧:クレイグ・クラシック、現:クラシック・キッド)
大谷将司
塚本拓海
石川晋也
佐々木義人
シャドウWX
大黒坊弁慶
MEN'Sテイオー
大下敢
大森達男

女子プロレスラー[編集]

亜利弥’
藤村奈々
川崎美穂
市来貴代子
中野知陽呂
ラ・アマポーラ

歴代スタッフ[編集]

塙嘉信(レフェリー)
佐藤純(レフェリー)
森島孝浩(レフェリー)
バーブ佐々木(レフェリー)
李日韓(レフェリー)
池須ゆたか(レフェリー)
小林真(リングアナウンサー)
小林八十(リングアナウンサー)
兜山知貴(リングアナウンサー)
鈴木勇司(リングアナウンサー)
村上☆健(リングアナウンサー)
今井良晴(リングアナウンサー)

来日外国人選手[編集]

プロレスラー[編集]

アクセル・ロッテン
アダム・コール
アックスマン
アブドーラ・ザ・ブッチャー
ヴァン・ハマー
ウォルター
エディ・フレンチ
オリジナル・ダッドリー・ダッドリー
キム・ソッポ
クリス・ヴァイス
クリス・ブルックス
クリプト・キーパー
クレイジー・シーク
コーク・ヘイン
ザック・ゴーウェン
サブゥー
サミ・キャラハン
サム・ヘイン
ザンディグ
ジ・アイスマン
JCベイリー
ジェイソン・ザ・テリブル
ジェイソン・ナイト
ジェイソン・レイ
ジェイ・ブリスコ
ジミー・ジェームス
ジミー・ハボック
ジミー・ロイド
ジム・ハンター
ジャスティス・ペイン
シュラック
ジョニー・カジミア
ジョン・ザンディグ
ダニー・デービス
ダニー・ハボック
ダンス・ウィズ・ダットリー
チェイニング・デッカー
DJハイド
テリー・ファンク
デリリアス
2・タフ・トニー
トニー・ノリス
トミー・エンド
ドリュー・パーカー
ドレイク・ヤンガー
トレント・アシッド
ニック・ゲージ
ニック・バーク
ニック・モンド
ネイト・ヘイトリッド
ネクロ・ブッチャー
ハック・メイヤーズ
パワー・オブ・ドゥーム
ファンタスティック
ブラック・ジーズ
ブル・ペイン
ホミサイド
マーク・ブリスコ
マイク・サンプラス
マイケル・エルガン
MASADA
マット・クロス
マッド・ドッグ
マット・トレモント
マッドマン・ポンド
Mr.インサニティー
ミル・マスカラス
ムスタファ・サイード
ライコス
ラッカス
リー・ハンター
リッキー・シェイン・ペイジ
ロッキー・サンタナ
ロボ
ワイフビーター

女子プロレスラー[編集]

カサンドラ
ネフタリ
マルセラ
ラ・アマポーラ
ラ・チョーラ

歴代ユニット[編集]

大黒坊弁慶
アブドーラ小林
"黒天使"沼澤邪鬼
松崎番長
MEN'Sテイオー
関本大介
伊東竜二
下田大作
BADBOY非道
ジ・ウィンガー
葛西純
佐々木貴
ジ・ウィンガー
シャドウWX
石川修司
MEN'Sテイオー
大石真翔

円華
石川晋也
FUMA
鈴木秀樹
宇藤純久
野村卓矢
高橋匡哉
植木嵩行
佐久田俊行
葛西純
"黒天使"沼澤邪鬼
竹田誠志
塚本拓海

歴代タッグチーム[編集]

シャドウWX
シャドウ・ウィンガー
山川竜司
中牧昭二
山川竜司
本間朋晃
関本大介
アブドーラ小林
シャドウWX
マンモス佐々木
火野裕士
岡林裕二
伊東竜二
関根龍一
征矢学
河上隆一
星野勘九郎
稲葉雅人
橋本大地
橋本和樹
佐藤耕平
石川修司
葛西純
"黒天使"沼澤邪鬼

大日本プロレスにおけるデスマッチ[編集]

スローガン[編集]

2005年、デスマッチの地位向上とクオリティアップを目指して宣言。
ファンNo.1宣言
2006年、「大日本プロレスのファンは素晴らしい」と言えるようなプロレス団体を目指して宣言。ファンとの交流の場を増やす等、ファンサービスを強化。
ONE MORE BJ
2007年、インディー団体としての原点に立ち返りつつ更なる一歩を踏み出す。
好きです!さいたま!大日本!
2008年、地域限定スローガン、大会だけでなくイベントやチャリティー活動などにも積極的に参加して埼玉県にプロレスの楽しさをより多くの機会で与えていく。
チャレンジトゥギャザー
2009年、大日本の旗揚げから15年目を迎えるためにファンと一緒に力を合わせて挑戦して夢を叶えると宣言。ファンの実現したい夢や挑戦を募集。
BJW EXECUTION
2011年、夢への実行、実現力を全面に打ち出し一丸となって活動する。
Major Quality Independent Spirit
2012年、時に激しく、時に強く、そして高い目標と志を持って活動する。
BJW RESOLUTION
2013年、大日本の旗揚げから18年目を迎えるために新たなステップアップに一丸となって挑む気持ちを表す。

マスコットキャラクター[編集]

デスかも

試合中継[編集]

大日本プロレス中継[5]FIGHTING TV サムライ
大日大戦(FIGHTING TV サムライ、tvkテレビ埼玉
第二次大日大戦(FIGHTING TV サムライ、サムライ2)

関連番組[編集]

大日本プロレス アーカイブス[6]FIGHTING TV サムライ

主なスポンサー[編集]

横浜市商店街総連合会
横浜読売会
松下工業所
ネオプラス
エナジークエスト
MCMのめぐみ

四ッ葉工芸[編集]

四ッ葉工芸(よつばこうげい)は、大日本の子会社としてグッズの製作、販売を行なっている。なお近年は大日本の運営に関わる公式なリリースは四ッ葉工芸の名義で発表されている。

デスマッチラーメン
デスマッチハバネロ
トラック貯金箱
蛍光ボウ
エアバット
BJWベースボールTシャツ

レスラーズ運輸[編集]

2005年5月19日アブドーラ小林が代表取締役社長を務めている引越し業を取り扱う運送会社「大日本プロレス運輸」を大日本の子会社として開業。6月、運送会社「プロレス運輸(現:プロレス引越センター)」から商標権侵害で差し止め請求を受けた。12月、社名をレスラーズ運輸に改称。蛍光灯の無料引取りサービスを実施しており集まった蛍光灯はデスマッチで使用している。現在は実質上営業休止中。

横浜マッスルファクトリー[編集]

2006年5月11日、本社機能の分離と移転により関本大介を主導に神奈川県横浜市にある大日本の道場を一般開放してスポーツジムを開業。2013年1月31日、営業終了。

飲食店[編集]

2003年11月21日グレート小鹿宮城県仙台市に単身赴任して開店した、ちゃんこ専門店。2007年4月30日に閉店。
ホルモン小鹿亭
2006年3月24日、小鹿が宮城県仙台市に単身赴任して開店したホルモン専門店。2007年8月28日に閉店。
横浜プロレス道場酒場YAMARYU
2004年10月、山川竜司が長期休養中に北海道札幌市に開店したバー。2011年4月30日、練習の拠点を移すため閉店。2011年5月30日神奈川県横浜市にバーを開店。
海坊主
2007年6月、アブドーラ小林が神奈川県横浜市に開店した居酒屋。2011年3月31日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)並びに福島第一原子力発電所での福島第一原子力発電所事故の影響で被害を受けたため閉店。

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

DAINICHI-X
ワールドエクストリームカップ
BJW認定ヘビー級王座
BJW認定女子王座
酒田港インターコンチネンタルタッグ王座
インターナショナルエイトメンスクランブル王座

外部リンク[編集]

大日本プロレス official website
大日本プロレス BJW Official (@BJWOfficial) - Twitter
大日本プロレス -BJW Official- - Facebook
【公式】大日本プロレス(BJW) (bjw_official) - Instagram
BJW MOVIE - YouTubeチャンネル
BJW CORE
BJW CORE (@bjwcore) - Twitter
大日本プロレスch - ニコニコチャンネル
BJ-SHOP
BJ-SHOP (@bjw_shop) - Twitter
出典:Wikipedia
2020/03/24 03:01
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant