大津市
▼人気記事ランキング
3.歴史
3.1.古代から室町時代まで
縄文時代前期 - 瀬田川西岸に石山貝塚が築かれる。
667年(天智天皇6年) - 天智天皇近江大津宮に都を定める。
672年弘文天皇元年) - 壬申の乱が発生。瀬田川の橋(後の瀬田の唐橋)をめぐって戦闘が起こり、大友皇子(明治3年(1870年)に弘文天皇諡号を贈られる。)は自決し、近江大津宮は廃絶する。
奈良時代には瀬田国府が置かれ、田上山など湖南の山々は、平城京造営の木材を搬出する場となる。
747年天平19年) - 『石山寺縁起』によれば、この年、良弁聖武天皇の発願により瀬田川沿いの石山に如意輪観音を祀る堂宇を建立。のちに石山寺となる。
761年天平宝字5年) - 保良宮の造営がほぼ終わり、孝謙上皇淳仁天皇が行幸する。
788年延暦7年) - 最澄比叡山に一乗止観院(延暦寺)を開く。
794年(延暦13年) - 近江大津宮廃絶後、その跡地は古津(ふるつ)と呼ばれていたが、平安京遷都を機に大津に復するが出される。
平安時代の大津は、平安京から東国・北国へと向かう人や物を扱う港となる。延暦寺と園城寺(三井寺)の抗争が激化し僧兵が登場する。石山寺は多くの平安文学の舞台となる。
1096年嘉保3年) - 永長地震が発生。瀬田の橋が落ちるなど大きな被害が出る。
1184年寿永3年) - 木曾義仲が、今井兼平主従、源義経源範頼らとの粟津の戦いに敗れる。
1214年建保2年) - 延暦寺衆徒が園城寺を焼く。
室町時代に入ると延暦寺の勢力はますます大きくなり、足利義教細川政元ら権力者による焼き討ちが相次ぐ。大津や坂本、堅田などが物資の水上運送で繁栄し、堅田水軍が活躍。
1468年応仁2年) - 延暦寺衆徒が堅田の真宗門徒を攻める堅田大責が発生。
[4]前ページ
(3.歴史)
[6]次ページ
(3.2.戦国時代から江戸時代まで)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/23 09:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant