大津市中2いじめ自殺事件
▼人気記事ランキング
9.事件後に多発したいじめの被害届
本事件に倣って、全国で学校でのいじめに対する被害届が各地の警察に殺到し、2012年前半期のいじめが原因で全国の警察に摘発補導された児童生徒は、前年同期より4割増加し[55]、2012年通年は例年の2-3倍となった[63]。各学校は『いきなり警察に被害届を出すのではなく、まず学校に相談を』と対応に追われた。一部では「進学したいなら警察には言うな」と隠蔽工作を行う学校もあった[37]。一方で文部科学省は、犯罪的ないじめの場合は一刻も早く警察に被害届を出すようにするとする通達を2012年11月に発して、教委や学校に警察への早期連絡と連携を求めた[64]
[4]前ページ
(8.2.滋賀県への影響)
[6]次ページ
(10.1.インターネットによる人違いデマ中傷)

37. 「進級したいなら警察に言うな」と学校が口止め いじめ、「隠蔽工作」に負けない方策(週刊朝日 2012年9月14日 158頁 写図有 (全4,314字))
55. 社説 大津の第三者委 いじめ解明のモデルに(中国新聞朝刊 2012年8月28日 社説 広場(全1,301字))
63. “いじめ事件:2.3倍…大津自殺で相談増 警察庁調べ”. 毎日新聞. (2013年2月21日10時59分(最終更新2月21日11時33分)) 
64. “いじめが犯罪行為の場合、直ちに警察に…文科省”. 読売新聞. (2012年11月5日) 

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/04/13 19:32
ソ人気記事ランキング
2018/04/22 更新
 1位モンテ・クリスト伯
 2位野村直樹
 3位永山則夫連続射殺事件
 4位帝一の國
 5位セウォル号沈没事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant