大津市中2いじめ自殺事件
▼人気記事ランキング
7.反響
7.5.評論家
教育評論家の尾木直樹は、「生徒からこれだけいじめの報告が出てくるケースは珍しいですが先生方の感覚が麻痺している。加害者側と一緒になって笑っていることなど感性が教師のレベルに達していない」とコメントした[18]。また、教育委員会は戦後日本の教育における「」になっており緊張感が足りないとして学校と教育委員会が相互に評価しあうシステムなどが必要だと提言した[56]
藤原和博東京学芸大学客員教授も、本事件では教員集団の「隠蔽体質」や「事なかれ主義」が感じられ、そのことは2006年に自分が文部科学省の対策チームに加わって感じたものと同じものであるとし、それらの背後にあるのは教員集団での強固な「親分-子分関係」であると述べた。また、それらを打破するためには、校長に民間人を大量投入して学校や教育委員会で身内だけの論理を通用させなくする必要があると主張した[56]
[4]前ページ
(7.4.マスコミ)
[6]次ページ
(8.1.いじめ防止対策推進法)

18. “中2自殺、先生の「見て見ぬふり」 なぜこんなことが起きてしまうのか”. J-CASTニュース. (2012年7月6日19時16分) 
56. 学校・教育委員会改革、私たちはこう考える 現場からの提言、6人語る(週刊朝日 2012年9月7日 21頁 写図有(全8,773字))

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/04/13 19:32
ソ人気記事ランキング
2018/04/20 更新
 1位永山則夫連続射殺事件
 2位セウォル号沈没事故
 3位アクロイド殺し
 4位4月19日
 5位タイタニック (客船)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant