大津市中2いじめ自殺事件
▼人気記事ランキング
7.反響
7.4.マスコミ
東京新聞は、「いじめ自殺 隠すことが教育なのか」と題する社説を掲載した[16]。調査を3週間しかせず、その結果も自主的公表もせず、加害者への聞き取り調査もせず、「自殺といじめの因果関係は判断できない」と結論づけたのはあまりに拙速で無責任すぎると批判した[16]。また学校や教育委員会が組織を守ることを優先し、子供の立場に立てなかった不明を深く反省すべきだと指摘した[16]
広島県中国新聞は「大津の第三者委 いじめ解明のモデルに」と題する社説を掲載し[55]、教育委員会が調査に加わった場合、「身内」である学校側への追及は甘くなりがちであり「事なかれ主義」で事実に看過することが繰り返される恐れがあるので、外部の識者だけで構成された調査委員会が必要であると訴えた。
[4]前ページ
(7.3.橋下徹)
[6]次ページ
(7.5.評論家)

16. “【社説】“いじめ”自殺 隠すことが教育なのか”. 東京新聞. (2012年7月10日) 
55. 社説 大津の第三者委 いじめ解明のモデルに(中国新聞朝刊 2012年8月28日 社説 広場(全1,301字))

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/04/13 19:32
ソ人気記事ランキング
2018/04/22 更新
 1位モンテ・クリスト伯
 2位野村直樹
 3位永山則夫連続射殺事件
 4位帝一の國
 5位セウォル号沈没事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant