大津市中2いじめ自殺事件
▼人気記事ランキング
5.民事損害賠償
5.1.いじめに関しての賠償請求
2012年2月24日、加害者とされる同級生3人とその保護者および大津市を相手に、遺族は約7720万円の損害賠償請求大津地方裁判所に提訴した(大津地方裁判所平成24年(ワ)第121号?損害賠償請求事件)。これに対して大津市は当初争う姿勢を示したが、事実関係が明らかになると態度を変えて、和解に向けて交渉する意向を越直美市長が示した。一方大津市教育委員会の教育長は、和解の意向は市長の独自判断であり、教育委員会としては従来通り「いじめと自殺との関連性は判断できない」とし、市の判断は受け入れ難いとした。その一方で外部の調査機関の判断があれば結果は真摯に受け止めるとも述べた[36]。加害者側とされた保護者は、事実誤認があるとして同校の校門でビラ配りを行うとともに、自殺は被害者宅の家庭環境が原因であるとした[37]

2013年1月30日、遺族側は、学校がいじめを認識しながら、市教育委員会や学校の指導マニュアルに沿って対応しなかったとして、市の過失を訴える書面を大津地裁に提出した[38]

2015年3月17日、大津地裁は大津市が設置した第三者委員会の報告書に基づき、いじめの存在を認定した[39]。また生徒が自殺企図の意向を事前に漏らしていたことも指摘し、「学校や教委は適切に措置していれば自殺を防げた」と判断した[39]。これを元に、大津市側の安全配慮義務違反を認め、支払い済みの見舞金2800万に加えて和解金1300万円を支払い、学校や市教委が謝罪するとの内容の和解勧告が提示され[39]、大津市と遺族側との合意が成立した[39]。加害者とされる生徒との裁判は分離され、審議継続される[39]

[4]前ページ
(4.3.書類送検・少年審判)
[6]次ページ
(5.2.アンケートに関する精神的苦痛の賠償請求)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/13 13:31
ソ人気記事ランキング
2018/08/14 更新
 1位日本航空123便墜落事故
 2位逸見政孝
 3位逸見太郎
 4位8月13日
 5位ハウルの動く城
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant