大津市中2いじめ自殺事件
▼人気記事ランキング
4.刑事事件として
4.2.強制捜査
滋賀県警は7月11日夜、被害者への暴行容疑の関連先として市教育委員会と学校に対して強制捜査を実施した[29][7]。いじめが背景にある事件の場合、学校や教育委員会から証拠の任意提出を受けるのが一般的で強制捜索に至るのは異例とされた[7]。学校では7月12日に緊急保護者会が開催され、学校側より強制捜査を受けるまで至った一連の経緯が保護者に説明された。保護者からは「納得いく説明がない」などと厳しい批判が噴出し、保護者会は3時間を越えて続けられた。保護者らが求めた担任からの説明もなく、学校側の保身と、それに対する保護者らの不信感が増したとされた[30]。校長は、担任教師が会場に姿を見せなかったことに関しては、「私の判断で出席させていない」とした。

滋賀県警が強制捜査に入ったことを受け、それまで学校名を他紙同様匿名としてきた中日新聞東京新聞)は翌12日の朝刊から実名報道に切り替えた[29](新聞各社で学校名の実名報道に踏み切ったのは中日のみ)。

[4]前ページ
(4.1.被害届の不受理)
[6]次ページ
(4.3.書類送検・少年審判)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/07/13 13:31
ソ人気記事ランキング
2018/08/15 更新
 1位日本航空123便墜落事故
 2位岩倉具視
 3位逸見太郎
 4位逸見政孝
 5位8月14日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant