大新聞と小新聞
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
大新聞(おおしんぶん)と小新聞(こしんぶん)は、明治時代初期(1870年代 - 1880年代)に行われた、新聞の二大別。知識階級を対象に政論を主体としたものを「大新聞」、庶民向けに娯楽記事を主体としたものを「小新聞」と呼んだ。後発の小新聞の方が大新聞より売れたので、大新聞も小新聞的記事を載せるようになり、小新聞も社会状況に遅れないよう論説などの記事を充実させたため、両者は次第に近付き、呼び分けも消滅した。現在の高級紙大衆紙の別に近い。
目次
1.経緯
2.出典
3.脚注
4.関連項目
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/11/26 14:31
ソ人気記事ランキング
2019/10/22 更新
 1位日本
 2位山口組
 3位徳勝仁
 4位矢島健一
 5位10月21日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant