サービス終了のお知らせ
大西洋横断電信ケーブル
▼人気記事ランキング
5.大西洋横断電信ケーブルが登場する作品
ジュール・ヴェルヌ海底二万里
主人公が海底で切断された大西洋横断電信ケーブルを発見する場面がある(1857年のケーブルと推定される[49])。著者のヴェルヌは大西洋横断電信ケーブルやグレート・イースタンに興味を持っており、ケーブルが開通した時には、「地球上の人間と日常的に通話できるようになれば多くの誤解が解消するにちがいありません」と記している[50]
シュテファン・ツヴァイク『人類の星の時間』Sternstunden der Menschheit
「大洋を渡った最初の言葉」の章でサイラス・W・フィールドによるケーブル敷設事業が扱われている。
[4]前ページ
(4.ケーブル構造)
[6]次ページ
(6.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/16 15:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant