大水上山
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
大水上山(おおみなかみやま)は、新潟県南魚沼市、同県魚沼市群馬県利根郡みなかみ町の境目にある標高1,834mの山。別名、大利根山(おおとねやま)・大利根岳・利根岳・刀根岳・刀嶺岳など。三国山脈にある。谷川岳巻機山から連なる太平洋日本海を分ける中央分水嶺は、この山頂で東へ屈曲し、藤原山平ヶ岳へと続く。また、同山頂が群馬県の北限点となっている。
山頂から約500メートル南には利根川水源碑が建ち、利根川の源頭の山とされる。1926年(大正15年)に利根川の水源は刀根岳(大水上山)と確認されたが、源流部までは解明できなかった。1954年(昭和29年)の調査によって、水源は大水上山の三角形の雪渓であることがつきとめられた[1]
目次
1.登山
2.利根川源流部自然環境保全地域
3.脚注
└3.1.出典
4.関連項目
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/11/04 12:01
ソ人気記事ランキング
2020/01/24 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位唐田えりか
 5位宍戸錠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant