大坂なおみ
▼人気記事ランキング
1.来歴
1.4.2017年 トップ10に初勝利
1月、全豪オープンでは、2回戦で第9シードのジョアンナ・コンタに敗れた[44]。2月フェドカップ日本代表に初選出され[45]、アジア・オセアニアゾーン1部決勝で自身はガリナ・ボスコボワに勝利したがチームは敗れた[46]

全仏オープンは初戦敗退[47]

7月、ウィンブルドンでは2回戦で第22シードのバルボラ・ストリコバに勝利したが、3回戦で第10シードのビーナス・ウィリアムズに敗れた[48]

全米オープンでは初戦で前回覇者で第6シードのアンゲリク・ケルバーに勝ちトップ10に初勝利した[49]全米オープンで前回覇者が1回戦で敗退するのは全137回のうち女子では2度目、男子を含めても3度目という歴史的な番狂わせであった[50]。その後3回戦でカイア・カネピに敗れた。12月、セリーナ・ウィリアムズらトップ選手のヒッティング・コーチを務めたサーシャ・バジンがコーチになった[49]。彼はキャロライン・ウォズニアッキとの契約終了2日後にコーチの依頼が来たことに、掛け持ちはしないこと、自身から契約破棄しないことから3日前に連絡が来ていたら断っていたことに「これも運命だね」と語る。また女子選手が200km/hクラスの高速サーブを打てるならば、黙っていてもトップ30圏内に入れる可能性があるのに、当時70位前後であったのを理解できなかったという[50]

[4]前ページ
(1.3.2016年 グランドスラムでの躍進)
[6]次ページ
(1.5.2018年 プレミアマンダトリー、グランドスラム初優勝)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/09/19 02:01
ソ人気記事ランキング
2018/09/19 更新
 1位樹木希林
 2位安室奈美恵
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位AV女優一覧 あ行
 5位山本徳郁
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant