大坂なおみ
▼人気記事ランキング
1.来歴
1.2.2011 - 15年 ツアー下部大会を転戦
プロツアー出場資格が得られる14才になった[16][24]、2011年10月ITFサーキット「モンテゴ・ベイ大会」でデビューした[25][26]。以降厳しい環境を求めてジュニア大会には目を向けず、ツアー下部大会に出場した[16]

2013年6月ITFサーキットエルパソでサナズ・マランドに敗れたが準優勝[27]。9月東レパン・パシフィック・オープン予選に出場。初戦でシルビア・ソレルエスピノサに敗れるも、吉川真司代表コーチが「すごい才能」と日本テニス協会に報告した[3]。またプロに転向した[9]

2014年5月フロリダ州ハロルド・ソロモン学院に所属[21]。6月2学年飛び級で高校を卒業した[22]。7月バンク・オブ・ウェスト・クラシックで初めて予選を突破し本戦出場。1回戦で対戦した2011全米オープン女王のサマンサ・ストーサーに2-1で勝利[16]。最速193km/hのサーブで大番狂わせを演じた。そして日本テニス協会に登録していないが、日本オリンピック委員会から強化指定選手の認定を受けた[22]

2015年5月カンガルーカップ鄭賽賽に敗れ準優勝した[28]。10月試合制限解禁の18才になる[29]WTAファイナルズのライジング・スター・インビテーショナルに出場。キャロリン・ガルシアを下し優勝した[30]。またこの頃までにプロワールドテニスアカデミーに移籍した[31]。11月WTA125Kシリーズのフワヒン選手権でヤロスラワ・シュウェドワに敗れるも準優勝した[32]

[4]前ページ
(1.1.ITFデビューまで)
[6]次ページ
(1.3.2016年 グランドスラムでの躍進)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/09/19 02:01
ソ人気記事ランキング
2018/09/19 更新
 1位樹木希林
 2位安室奈美恵
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位AV女優一覧 あ行
 5位山本徳郁
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant