大気化学
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
大気化学(たいきかがく、英語:atmospheric chemistry)とは、大気中の化学物質の挙動や気象現象との関連を扱う学問分野である。関係の深い分野には物理学気象学、コンピューターモデリング、海洋学地質学火山学などがある。
大気の組成は生物活動との関係によって変化する。またオゾン層破壊地球温暖化酸性雨気候変動なども大気化学に関連する重要な社会問題となっている。
日本では気象学の一分野として扱われることが多い。気象化学とも呼ばれるが、大気化学の呼称が一般的である。また惑星大気を対象に入れることがあり、惑星科学の一分野としても扱われる。
1995年に、ドイツクルッツェンアメリカモリーナローランドの3名は、大気化学の分野におけるオゾンの生成と分解に関する研究により、ノーベル化学賞を受賞した。
目次
1.大気現象のスケール
2.大気中の化学物質
├2.1.硫黄化合物
├2.2.窒素化合物
├2.3.炭化水素
├2.4.ハロゲン化物
├2.5.オゾン
├2.6.粒子状物質
└2.7.有害物質
3.大気中の光化学
├3.1.対流圏
└3.2.成層圏
4.雲物理学
5.惑星大気
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/10/14 17:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/24 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位唐田えりか
 5位宍戸錠
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant