サービス終了のお知らせ
大河原邦男
▼人気記事ランキング
2.発言
日経MJ紙のインタビューにて、「どんな作品でも、悪役のメカへの思い入れが強い」「もともとアニメは全然好きではなかった」「機械は子供のころから大好きだった」などと語っている。また、同紙には「大河原氏が好きなメカ ベスト3」が列記されており、『機動戦士ガンダム』からはザクハロムサイを、同作以外には、『装甲騎兵ボトムズ』に登場するAT(アーマードトルーパー)、『銀河漂流バイファム』に登場するバイファム、『蒼き流星SPTレイズナー』に登場するレイズナーを挙げている[9]モビルスーツバリエーションについては、プラモデルに同梱されているパンフレット[10]によると「ガンダムMSVシリーズはアニメーションでは作画上の制約から採用されないようなデザインを模したもの。いわゆる、デザインの遊びだったのですが、プラモデル化されたことにより多くのファンの方に親しまれているのは光栄」と述べている。また、他のインタビューでは「こんなに長く続くものだとは思っていなかった。もう少し考えて描くべきだった」とこぼしている[11]

これと絡み、『アウトサイダー・プラモデルアート』P131の談話で、「私の仕事は、アニメの現場と玩具屋さんの橋渡し」と語り、他と全く違うアプローチをし「首だけメカ」等をデザインに取り入れたラインナップを多発させた、青島文化教材社「合体シリーズ」の奇抜なアイデアに対して「私はアニメで、アオシマさんは玩具で、それぞれ子供の夢を育むという目標を持っていたという点では一緒だったのかも知れませんね」と発言し、肯定的な立場を取っている。なお、この際、「首だけダイターン」を見て、「それにしても、これ、金属で作ったら良いオブジェになるだろうなあ」との感想も述べている。

[4]前ページ
(1.略歴)
[6]次ページ
(3.作品年譜)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/13 23:00
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant