台湾独立運動
▼人気記事ランキング
7.台湾独立運動を展開した代表的な人物
7.5.台湾を拠点として活動した人物
謝雪紅日本統治時代台湾共産党日本共産党台湾民族支部)を設立した人物の一人。二・二八事件では「二七部隊」を指揮し、後に台湾国民政府の追及を受けて香港へと逃れる。
高俊明 : 元台湾キリスト長老教会総幹事。1970年代に3回の『国是声明』を出して、「台湾を新しく独立国家とする」ための有効な措置をとるよう台湾国民政府に求めた。
黄紀男 : 著名な台独政治犯。廖文毅の台独運動と関連して台湾国民政府に三度逮捕され、22年間にわたって投獄された。
李鎮源 : 現任の台湾建国党首任主席。台湾大学医学院院長、中央研究院会員、国際毒素学会学長を歴任。
蘇東啓 : 元雲林県議員。1961年に起きた「蘇東啓台独事件」の主役。この事件で300人以上の被害者が発生した。
・益樺 : 1989年鄭南榕の葬儀中に、中華民国総統府前で台湾国民政府当局の鄭南榕に対する迫害に抗議して焼身自殺を行なった。
鄭南榕 : 『自由時代週刊』の発行人。誌上に許世楷の『台灣共和國憲法草案』を掲載した事で、台湾国民政府から叛乱罪の容疑で起訴されたため、国民政府の言論の自由に対する弾圧に抗議して焼身自殺した。
蔡丁貴
王幸男
[4]前ページ
(7.4.ヨーロッパを拠点として活動した人物)
[6]次ページ
(8.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/09/09 01:30
ソ人気記事ランキング
2019/07/22 更新
 1位日本
 2位京都アニメーション放火事件
 3位吉本興業
 4位宮迫博之
 5位京都アニメーション
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant