太陽にほえろ!
▼人気記事ランキング
8.美術など
8.3.車両(劇用車)
番組開始当初は鈴木自動車工業(現・スズキ)が番組スポンサーに入っていたが、冠スポンサーの三菱電機とは異なり劇中の小道具としての供給はほとんどなく、マカロニ刑事の愛車ジムニーや、若者の乗るオートバイ程度にとどまっていた。それ以外の車両(パトロールカーなど)には、東宝所有の汎用劇用車が主に使用され、捜査車両や犯人・容疑者の車両として頻繁に使われていた。
スズキがスポンサーを降りてからのレギュラー捜査車両は主にトヨタ車になった[75]。刑事が乗る車はクラウンセリカの2車種の新車を基本軸とし、エキストラ・レギュラーとしてスプリンターコロナまたはカリーナを撮影時期やストーリー上で必要となる車両台数によって加え、3-4台体制を基本としていた。
構成されるレギュラー車種が多彩になってきたのは1980年代に入ってからで、クレスタを皮切りにチェイサーソアラカムリビスタスープラなどを覆面車として起用していた。なかにはスターレットターセルなど、およそ捜査車両とは思えない車種をレギュラー刑事が使用するケースもあった。
ストーリー上で車両を多く必要とするシーン(検問や緊急配備など)では、同じ東宝の他作品のために用意されていたものや国際放映などが所有していた劇用車がパトカー、一般車を問わず借り出されることが多かった。トヨタ以外の車両も多く見受けられるのはそのためである。例えば、撮影所が同じ『華麗なる刑事』のランサーセレステギャランが本作で流用され、逆に『華麗なる刑事』でも本作の小道具やセットが多く流用された。また、1980年代以降にレギュラー登用された制服パトカー(セドリックグロリアスカイライン)は国際放映所有の劇用車で、オープニング映像の背景に映っていたパトカーはユニオン映画所有の劇用車を『熱中時代・刑事編』や『キッド』などの撮影の合間に借りたものである。
プロのカースタントチームがカーアクションを正式に担当するようになったのは、ボンボン刑事が登場した頃からである。当初はセキトラ・カーアクションが単独で行っていたが、レギュラー捜査車両が緊急車両として赤色灯を点けてサイレンを鳴らし始めた頃からカーチェイス、カースタント・シーンが増加したため、厳しい撮影スケジュールに対応できるよう、マエダオートクラブ(その後、カースタントTAKAに改名)も参加して2社体制となった。その後、カースタントのスタイルが定着し、撮影スケジュールが円滑になってきた1980年頃から、カーアクション担当はマエダオートクラブ単独となり、覆面車(レギュラー、エキストラ、スポット含む)もトヨタ車に統一された(一時期、『大都会』や『西部警察』の三石千尋も参加していた)。
[4]前ページ
(8.2.協力会社)
[6]次ページ
(8.4.ステージガン)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/12 08:33
ソ人気記事ランキング
2019/11/13 更新
 1位日本
 2位リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
 3位11月12日
 4位IT (映画)
 5位田代まさし
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant