サービス終了のお知らせ
相撲
▼人気記事ランキング
3.神事としての相撲
相撲は神事としての性格が不可分である。
の際には、天下泰平子孫繁栄五穀豊穣・大漁等を願い、相撲を行なう神社も多い。そこでは、占いとしての意味も持つ場合もあり、二者のどちらが勝つかにより、五穀豊穣や豊漁を占う。そのため、勝負の多くは1勝1敗で決着するようになっている。和歌山県、愛媛県大三島一人角力の神事を行っている神社では稲の霊と相撲し霊が勝つと豊作となるため常に負けるものなどもある。場合によっては、不作、不漁のおそれがある土地の力士に対しては、あえて勝ちを譲ることもある。また、土中の邪気を払う意味の儀礼である四股は重視され、神事相撲の多くではこの所作が重要視されている。陰陽道神道の影響も受けて、所作は様式化されていった。

神事相撲の一例
唐戸山神事相撲:石川県羽咋市 羽咋神社
延方相撲:茨城県潮来市延方 鹿嶋吉田神社
琴平相撲:茨城県北相馬郡利根町布川 琴平神社
[4]前ページ
(2.4.近代)
[6]次ページ
(3.1.大相撲の神事)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/04 22:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant