サービス終了のお知らせ
相原信行
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
相原 信行あいはら のぶゆき1934年12月16日 - 2013年7月16日)は、昭和時代の日本体操選手群馬県群馬郡滝川村(現:高崎市)出身[1]。群馬県体操協会名誉副会長、相原体操クラブ代表。群馬県立高崎工業高等学校日本体育大学体育学部体育学科を卒業。
世界タイトルは4個、オリンピックでは金メダル2個・銀メダル2個を獲得[1]。日本体操界の黄金時代を支えた稀代の名選手である。その後は足利工業大学上武大学教授を務めた[1]。妻の相原俊子は東京オリンピックの女子体操団体の銅メダリストで[1]、2人の息子である相原誠(長男)と相原豊(次男)も優れた体操競技選手として活躍した。
目次
1.略歴
2.脚注
3.関連項目
4.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/08/04 02:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant