早食い・大食い
▼人気記事ランキング
1.概要
早食いや大食いは、催しとして行われているものや、競技スポーツ)とみなすものがある。また、娯楽番組の見せ物としてテレビで放送されることがある。

早食いは、特に忙しいサラリーマンなどに多く見られる物で、以下の特徴がある。

あまり噛まないで飲み込む
はお構いなし(=味を感じる間が無い)[1]
大抵は大食いでもある
水を大量に飲む。
古くは武士、職人の屋台による食事、そして旧日本軍の習慣が戦後、ビジネスマン、公務員、医師、看護師に受け継がれたものである。軍隊等では短時間で食事を終わらせることも合理性がある場合もあるが、近年では胃腸に負担が掛かり、消化器疾患を患う原因ともされており、そのような食べ方が改められるよう求める意見も存在する。しかし相変わらず忙しさのために食事の時間を削らざるを得ず、早食いに徹する。立ち食い店や、ファストフード店が多く利用される。

その一方、フランス語で大食を意味するグルマン( Gourmand )は美食家の意味を内包する。早食いではない大食の者では、しばしば味や風味を重視する者もおり、こちらは食通(グルメ)に通じる(→食通)。ただし日本語の範疇として「早食い」や「大食」といった要素が前面に出る場合は、風味が二の次である傾向は否定できない。風味を重視する場合は美食家の範疇で扱われる。裕福や美食の象徴が、大食いによる肥満ともされた。

[6]次ページ
(1.1.定義等)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/04/26 14:00
ソ人気記事ランキング
2019/06/26 更新
 1位日本
 2位彩希エリナ
 3位竹達彩奈
 4位福田浄
 5位6月25日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant