仁義なき戦い
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
仁義なき戦い』(じんぎなきたたかい)は、飯干晃一原作による日本ノンフィクション[1]第二次世界大戦後の広島県で発生した「広島抗争」の当事者の一人である美能幸三の手記に飯干が解説を加えた内容となっている[2]1973年1月に東映により同タイトルで映画化されて大ヒット作となり、全5作のシリーズが製作された。この映画は『キネマ旬報』誌が1999年に発表した「映画人が選ぶオールタイム・ベスト100 日本映画篇」で歴代第8位[3]、同じく2009年の「オールタイム・ベスト映画遺産200 日本映画篇」では歴代第5位にそれぞれ選出されている[4][5][6]。このほか、舞台化もなされた[7]
目次
1.原作
2.映画
├2.1.解説
├2.2.あらすじ
├2.3.スタッフ
├2.4.キャスト
├2.5.映画化されるまで
├2.6.シリーズ化へ
├2.7.シリーズ各作品
├2.8.逸話
├2.9.評価
├2.10.ビデオとテレビ放映
├2.11.余波
└2.12.新仁義なき戦いシリーズ
3.演劇
└3.1.AKBグループ版
4.脚注
├4.1.注釈
└4.2.出典
5.参考文献
6.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/09 14:00
ソ人気記事ランキング
2019/10/19 更新
 1位日本
 2位徳勝仁
 3位令和元年台風第19号
 4位10月18日
 5位ブルガリア難民射殺事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant