人力車
▼人気記事ランキング
2.アジア各国での人力車
2.2.インドの人力車
1919年コルカタ市が正式な交通手段として認定する。
1972年以降、コルカタではいくつかの通りで人力車が禁止された。
1982年、市当局は1万2000台以上の人力車を押収し、廃棄した。
1992年の調査では、3万台以上の人力車が営業中で、そのうち6000台が違法車両や未許可車両であった。
新しい許可は1945年以降出されていない。
インドでは、しばしばリキシャはリクシャとも発音される。人力車の運転手をリクシャワーラーまたはリクシャプーラーと言う。

料金は1回の移動につき2、3ドルである。リクシャワーラーのほとんどは簡易な宿舎に住み、仕送りをするために節約している[8]

2005年8月に西ベンガル共産政府は完全に人力車を締め出す計画を発表したが、リクシャワーラーの抗議とストライキに終始した[9]

2009年現在、かなりの数の人力車がコルカタにまだ残っており、約8000台、2万人の車夫がいるとされる。リクシャワーラーの組合は、人力車の禁止に強く反対している。

[4]前ページ
(2.1.香港の人力車)
[6]次ページ
(3.歴史)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/17 01:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant