人工多能性幹細胞
現金|看護助手|おうし座
ペット用品&ペットフードを探すなら
犬・猫から昆虫・観賞魚まで幅広く取り揃え
http://m.rakuten.co.jp/
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
人工多能性幹細胞(じんこうたのうせいかんさいぼう、: induced pluripotent stem cells[2])とは、体細胞へ数種類の遺伝子導入することにより、ES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの細胞分化できる分化万能性 (pluripotency)[3]と、分裂増殖を経てもそれを維持できる自己複製能を持たせた細胞のこと。2006年平成18年)、山中伸弥率いる京都大学の研究グループによってマウス線維芽細胞(皮膚細胞)から初めて作られた。
英語名の頭文字をとって、iPS細胞(アイピーエスさいぼう、iPS cells)と呼ばれる。命名者の山中が最初を小文字の「i」にしたのは、当時世界的に大流行していた米アップル携帯音楽プレーヤーである『iPod』のように普及してほしいとの願いが込められている[4][5][6][7]。 以下、「iPS細胞」という表記を用いる。
姓名判断|無料ゲーム|相性診断
四柱推命|霊感|懸賞
毎日更新!楽天ランキング
最新売れ筋商品が一目瞭然!
http://m.rakuten.co.jp/
目次
1.概要
2.iPS研究に至る経緯
├2.1.それ以前
└2.2.iPS細胞樹立の背景
3.研究の展開
├3.1.マウスiPS細胞の樹立
├3.2.マウスiPS細胞作製法の改良
├3.3.ヒトiPS細胞の樹立
├3.4.特許権をめぐる競争
└3.5.iPS細胞樹立に対する世間の反応
4.iPS細胞の課題
├4.1.癌化・奇形腫の形成
├4.2.倫理的問題
├4.3.拒絶反応
├4.4.初期化の原理解明
└4.5.日数・コストの問題
5.創薬や再生医療への応用
├5.1.加齢黄斑変性の治療
├5.2.進行性骨化性線維異形成症の治療
├5.3.パーキンソン病の治療
├5.4.脊髄損傷の治療
├5.5.視神経細胞作製
├5.6.心筋細胞
├5.7.臓器作製
└5.8.その他の動向
6.誤解
7.論文
8.注釈
9.出典
10.参考文献
11.関連項目
12.外部リンク

2. イギリス英語発音:[?n?dju?st ?pl?r??p??t?nt st?m s?lz] インデューストゥ・プル(ー)リポウトゥントゥ・スム・ルズ
3. 「pluripotency」の日本語訳については、科学者の間では「多能性」と訳されるが、「totipotency(全能性)」と「multipotency(多能性)」の中間の分化能として捉えた場合、「万能」と表記した方が分かりやすいため、報道や講演などで多用される。なお、ES細胞は特定の条件下において胚体外組織へと分化できることが分かっており、現在では「pluripotency」とは、それだけでは個体になり得ないが、すべての細胞・組織に分化できる能力とされている。
4. 山中、緑 2010, p. 120.
5. “「i」PSなぜ小文字? 山中さんってどんな人?”. 朝日新聞. (2012年10月8日). http://www.asahi.com/science/update/1008/OSK201210080032.html 2013年4月27日閲覧。 
6. “万能なiPS細胞「iPodのように普及してほしい」”. スポーツニッポン. (2012年10月9日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/10/09/kiji/K20121009004287410.html 2012年10月14日閲覧。 
7. “山中教授の「iPS細胞」ってiPod のパクリ!?流行らせたいと頭小文字”. J-CASTニュース. (2012年10月9日). http://www.j-cast.com/tv/2012/10/09149311.html?p=all 2013年4月28日閲覧。 

出典:Wikipedia
2017/08/31 21:01
脱毛|保育士|心理テスト
結婚|愛内里菜|にきび跡
ソ人気記事ランキング
2017/09/19 更新
 1位山本博 (お笑い芸人)
 2位熊谷連続殺人事件
 3位光成英一朗
 4位9月18日
 5位ガイディング・ライト
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant