人工生命
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
人工生命(じんこうせいめい)は、人間によって設計、作製された生命生化学コンピュータ上のモデルやロボットを使って、生命をシミュレーションすることで、生命に関するシステム(生命プロセスと進化)を研究する分野である。「人工生命」は1986年にアメリカの理論的生物学者、クリストファー・ラングトンによって命名された。人工生命は生物学的現象を「再現」しようと試みる点で生物学を補うものである[1]。また、人工生命(Artificial Life)を ALife と呼ぶことがある。手段によってそれぞれ、「ソフトALife」(コンピュータ上のソフトウェア)、「ハードALife」(ロボット)、「ウェットALife」(生化学)と呼ばれる[2]
目次
1.概要
2.ソフトウェア
├2.1.哲学
├2.2.技術
├2.3.関連する主題
└2.4.主な人工生命シミュレータ
3.ハードウェア
4.ウェットウェア
5.オープンプロブレム
6.批判
└6.1.バイオテクノロジーに対する懸念
7.参考文献
8.関連項目
9.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/09/30 00:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/20 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 4位小川博
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant