人工衛星
内職|てんびん座|ほくろ除去
六星占術|脱毛|おうし座
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
人工衛星(じんこうえいせい)とは、惑星、主に地球軌道上に存在し、具体的な目的を持つ人工天体。地球では、ある物体をロケットに載せて第一宇宙速度(理論上、海抜0 mでは約 7.9 km/s = 28,400 km/h(注1))に加速させることで、地球の重力と重力から脱出しようとする遠心力とが釣り合い、その物体は地球周回軌道を回り続ける人工衛星となる(注2)。ただし軌道上を周回し続けていても、目的を持たない使用済みロケットの残骸や人工衛星の破片などはスペースデブリとして区別される。また、惑星以外の軌道(月周回軌道太陽周回軌道)を周回する人工天体は宇宙探査機と呼ばれ、一般に区別される。
有人宇宙船宇宙ステーションスペースシャトルも人工衛星に含まれ、アメリカ航空宇宙局等の人工衛星軌道データに掲載もされるが、これらについて触れる際には人工衛星とは呼ばれないのが一般的である。
人類初の人工衛星は、1957年ソビエト連邦が打ち上げたスプートニク1号である。21世紀初頭までに、数千もの人工衛星が地球周回軌道に打ち上げられた。
人工衛星の用途は多岐にわたり、一般的なものは、軍事衛星偵察衛星通信衛星放送衛星地球観測衛星航行衛星気象衛星科学衛星アマチュア衛星などである。
人工衛星は地球を周回する軌道にあるものが大部分であるが、惑星探査目的で火星土星などの他の惑星の軌道上にも観測機がいくつか到達しており、各惑星の人工衛星となっている。これらは惑星の観測を行ったり、火星探査機などのように他惑星の表面に着陸した宇宙探査機からの各種観測データを地球まで中継送信している。

1.高度が高くなれば重力の影響が小さくなるので、より低速(小さい遠心力)で周回できる。例えば高度約36,000 kmの静止軌道では約 3.1 km/sで人工衛星(静止衛星)となる。
2.第12回『秒速7.9Km』
 http://www.hokudai-rbp.jp/check-data/953/ 北大リサーチ&ビジネスパーク

霊感|運命の赤い糸|縁結び
無料ゲーム|にきび跡|無料占い
恋愛占い|モテ期|性格診断
目次
1.歴史
├1.1.構想
└1.2.人工衛星の誕生
2.宇宙監視網
3.非軍事衛星業務
├3.1.固定衛星サービス
├3.2.モバイル衛星システム
└3.3.科学観測衛星(営利・非営利)
4.人工衛星の分類
├4.1.目的による分類
├4.2.それ以外の分類
└4.3.構想
5.軌道の種類
├5.1.中心による分類
├5.2.高度による分類
├5.3.軌道傾斜角による分類
├5.4.離心率による分類
├5.5.周期性による分類
└5.6.擬似軌道
6.人工衛星の構成
├6.1.衛星バス部
└6.2.ミッション部
7.衛星の廃棄
8.人工衛星の軌道投入に成功した国・機関
9.民間団体による打ち上げ能力
10.国別の最初の人工衛星
└10.1.計画中
11.衛星への攻撃
12.関連項目
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2017/02/23 16:13
資格|手相|スピリチュアル
夢占い|婚活|おひつじ座
この記事を共有する
「人工衛星」をもっと検索
画像を探す
動画を探す
厳選サイトを探す
ソ人気記事ランキング
2017/05/22 更新
 1位佳子内親王
 2位天までとどけ
 3位黒田清子
 4位眞子内親王
 5位黒田慶樹
もっと見る>>
いま読まれている記事
千容子|レガッタ〜君といた永遠〜|三枚堂達也|法政大学第二中学校・高等学校|人工衛星
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant