人工衛星
▼人気記事ランキング
5.軌道の種類
5.3.軌道傾斜角による分類
傾斜軌道 - 衛星の軌道傾斜角が惑星の赤道に対して傾いている軌道。
極軌道 - 惑星の、または極近傍の上空を通過する軌道。よって軌道傾斜角は90°近くなる。
太陽同期軌道 - 極軌道に近く、赤道を常に同じ現地時間で通過する軌道。が常に同じ場所にできるので画像の撮影に便利である。
順行軌道 - 軌道傾斜角が90°以下の軌道。惑星の自転と同方向に周回する。
逆行軌道 - 軌道傾斜角が90°以上の軌道。惑星の自転方向とは逆向きに周回する。太陽同期軌道は別にして、燃料の問題で逆行軌道に投入される衛星はほとんど無い。なぜなら、地球からロケットを打ち上げる際、飛翔体はすでに射場の緯度と同じ自転速度分を得ているからである。
[4]前ページ
(5.2.高度による分類)
[6]次ページ
(5.4.離心率による分類)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/02/12 22:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/23 更新
 1位日本
 2位山本美香
 3位名古屋小6受験殺人事件
 4位8月22日
 5位玄倉川水難事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant