▼人気記事ランキング
4.一神教の神
4.4.福音書における神
キリスト教ネストリウス派イスラム教が教典とするヨハネによる福音書において、「言は神」である。

口語訳聖書ヨハネによる福音書1章1節‐初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
新共同訳聖書ヨハネによる福音書1章1節‐初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
欽定訳聖書ヨハネによる福音書1章1節‐In the beginning was the Word, and the Word was with God, and the Word was God.
また、このことをトーラーに引くと、主は祭司族として書記を務めたレビ族の嗣業[35]であるゆえに、「主イエス・キリストは神であり、言であり、レビ族の嗣業」であることを意味する。

[4]前ページ
(4.3.イスラームの神)
[6]次ページ
(5.多神教の神)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/14 11:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/16 更新
 1位日本
 2位令和元年台風第19号
 3位ジョンベネ殺害事件
 4位10月15日
 5位狩野川台風
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant