サービス終了のお知らせ
神谷明
▼人気記事ランキング
概要
神谷 明(かみや あきら、1946年9月18日[2][3][4] - )は、日本声優俳優歌手ナレーター[4]、元日本工学院専門学校声優・俳優科講師[5][6]神奈川県横浜市出身[2]冴羽商事所属[2]。長女はシナリオライターの華宮ゆう士[7]、次女はミュージカル女優の神谷たえ[8][9]

来歴[編集]

東京都立芝商業高等学校卒業後[10]テアトル・エコー[2]青二プロダクション[11]ぷろだくしょんバオバブ[12]東京俳優生活協同組合[13]、アップス[14]を経てフリーとなり冴羽商事を設立。代表作に『キン肉マン』(キン肉スグル〈キン肉マン〉)、『北斗の拳』(ケンシロウ)、『シティーハンター』(冴羽)、『名探偵コナン』(毛利小五郎〈初代〉)などがある[15]

役者になるまでの経緯[編集]

父親は家具製造工場を営んでいたが、突如倒産し、それが元で両親は離婚。母親に引き取られ、母と弟一人の家庭に育つ。職を求めて母は必死で働き、神谷も母を助ける形で、買い物やお勝手仕事などを手伝う日々を送る。そのため、学校も転々とし、横浜青木小学校から鶴見の東台小学校、そして東京都大田区相生小学校へ転入する。そこで相生小の大先輩に俳優小沢昭一が居たことが神谷を演劇の道へと向かわせることとなった。

その後、御園中学校を経て[16]東京都立芝商業高等学校へ入学[10]。高校時代に友人に誘われる形で、演劇部に入部した際、「神谷って良い声してるよな」と言われたことがきっかけで俳優を目指す。当時は今以上に役者になることが困難だった時代であり、本来なら冒険できない立場だったが、母に「役者になりたい」と言ったところ、「自分で選んだ道だから頑張んなさい」と言われた。後にこのことを、「自分が母の立場だったら、泣いて止めたかもしれない」と述懐している。

高校卒業後は、横浜のアマチュア劇団『かに座』へ飛びこむ[10]

声優としての活動[編集]

1970年テアトル・エコー研究生時代にテレビアニメ『魔法のマコちゃん』の千吉役でアニメ声優デビュー。初レギュラーは『赤き血のイレブン』のヤシマサスケ役。初主演は『バビル2世』のバビル2世役で、彼のトレードマークの「叫び」もこの作品で体得した。以後、『ゲッターロボ』の流竜馬など、主にロボットアニメ作品で主役を多く担当。必殺技を叫び続けたことから、一部では「叫びの神谷」と呼ばれた。ゲーム「スーパーロボット大戦シリーズ」になくてはならない声優の1人であり、『スーパーロボット大戦F』発売時には神谷自身が顔出しでTVCMに出演したこともある。

1980年代には、『週刊少年ジャンプ』連載漫画のアニメ化作品に多数出演。『キン肉マン』、『北斗の拳』、『シティーハンター』などでは主演し、ジャンプアニメでお馴染みの声優の1人としても知られた。これらの「少年ジャンプ」系アニメの多くが長期シリーズになったこともあって、この時期に出演した作品が神谷明の代表作として紹介されることも多い。

アニメ以外の声の仕事ではアメリカ産テレビドラマ『探偵レミントン・スティール』(1982 - 87 / 全5シーズン92回)で主役ピアース・ブロスナンの吹替を担当(第2シーズン終了まで=全42回)し、またブロスナンが映画『007』シリーズで5代目ジェームズ・ボンドを務めた『007 ゴールデンアイ』、『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』でも担当した(各ソフト版)。

CMやバラエティ番組などでナレーションを手がけることも多い。代表的なものは現在、『スーパー戦隊シリーズ』枠を中心に放送されている東京ドームシティアトラクションズ(旧後楽園ゆうえんち)のヒーローショーのCMであり、1986年より20年以上にわたってナレーションを担当。

アニメージュで開催されているアニメグランプリ声優部門(男性)にて、通算11回に渡りグランプリを受賞している[注 1]

2017年1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』で第22位に選ばれる[17]

その他の活動[編集]

1970 - 80年代に活動した人気声優バンド・スラップスティックに結成当初ベーシストとして在籍していた。だが自身のスケジュールが多忙であったこと、本来アマチュアバンドとして皆で和気藹藹と楽しんでいた演奏活動がプロとしての歌手活動としてプロデュースされることに懸念を示し、脱退を申し出たという。

オールナイトニッポン』のラジオパーソナリティーを務めた経験があり、声優としてのレギュラーパーソナリティは神谷明が第1号である。同番組では「ギネスに挑戦!」というコーナーをやっていたが、コミックシンガーソングライターとして知られる嘉門達夫(当時は笑福亭鶴光の弟子だったため「笑福亭笑光」という名前だった)が類似コーナーを『MBSヤングタウン』でやっていたことで知り合いになり、そのまま親交を持っている。

1979年には『ミッチと明の底抜け日曜拳銃』という日曜昼間のラジオ番組で堀江美都子とともにパーソナリティーを務め、「Oh! Sunday 青春は日曜日」というデュエット・シングルも出した。

1979年の5月にはかつての日本劇場(現・有楽町マリオン)で、声優としてただ一人ワンマンショーを開いたことがある。その年の春休みに日本劇場と青二プロダクション主催で声優だけのイベント「Voice.Voice.Voice」が開催され人気を博し、日劇での前売り券発売日には神谷本人の来場もあって数寄屋橋交差点までの長蛇の列ができた。

プリンプリン物語』、『北斗の拳』など多数の作品で挿入歌などを歌ったほか、1980年代初頭には曽我部和恭中尾隆聖内田直哉らと演劇活動をしていたこともある。

1995年阪神・淡路大震災の際にはチャリティとしてユニット「WITH YOU」を結成。そのリーダーを務め、「ふれ愛コンサート」でも活動。声優など多数の参加を得る。

2017年まで日本工学院専門学校(蒲田校・八王子校)で講師を務めていた[5][18]。教え子には新谷良子清水愛などがいる。2006年度には持ち役であるケンシロウ(『北斗の拳』)や冴羽(『シティーハンター』)の「生声」を新入生の前で披露したり、2007年度と2008年度には入学式で新入生に発声練習を施した。また、冴羽商事という事務所を立ち上げてナレーションや司会、ラジオCM製作、ゲーム音声製作、コンサート・イベント運営、講演会など幅広い活動をしている。

特色[編集]

声質は明るく澄んだハイバリトン[2]

長いキャリアと幅広い役どころを持ち、数々のヒーロー物での「叫び」が映える高音と『超時空要塞マクロス』でのロイ・フォッカーや『名探偵コナン』での毛利小五郎などで聴かせた低音などシリアスからギャグまでカバーする。特にロイ・フォッカーはそれまで神谷の演じてきたロボットパイロットのイメージを覆す低い声で新たな一面を見せ、演技の幅の広さを見せた。

また『ドカベン』の里中智のような美少年、『うる星やつら』の面堂終太郎、『めぞん一刻』の三鷹瞬、『YAWARA!』の風祭進之介などの二枚目半、『究極超人あ〜る』の鳥坂先輩、『オヨネコぶーにゃん』のオヨヨネコ、『もーれつア太郎(平成版)』のニャロメなどのようなギャグキャラクターも演じている。悪役を演じる機会は少ないが、『超スーパーカー ガッタイガー』のエリック・ベルゲンが初の悪役レギュラー[19]。以降、人形劇『プリンプリン物語』のルチ将軍、『百獣王ゴライオン』のシンクライン皇太子、OVA『ロードス島戦記』のアシュラム、ゲーム『サクラ大戦2』の京極慶吾などを担当した他、1999年には特撮ドラマ『ボイスラッガー』に敵組織の幹部キャラクター「将軍γ」役として素顔で出演したこともあった。

自分の演技について、神谷は『ふしぎなメルモ』で共演した先輩声優の富山敬の芝居に大きな影響を受けたと語っている。また、九州ローカル番組の『ドォーモ』に出演した際、「テアトル・エコー時代にルパン三世山田康雄さんの演技を穴の開くほど見せてもらった。それが後年の僕のキャラクターの血や肉になっている」と語っており、『シティーハンター』の中で山田を彷彿とさせる演技ができた箇所があったようで、「嬉しかった、真似したんじゃなかったから」と振り返った。また、『ルパン三世VS名探偵コナン』の中でルパンが小五郎に変装する場面があるが、その声を担当したのはルパン側の栗田貫一ではなく、小五郎側の神谷だった。ここでは毛利小五郎の中に少しだけルパン三世を混ぜるという高度な演技を披露している。

共演の多い声優[編集]

共演の多い声優は、田中秀幸古川登志夫が挙げられる。田中とは、関係の近いキャラクターで配役されることも多い(『ドカベン』、『キン肉マン』、『北斗の拳2』、『シティーハンター』、『めぞん一刻』、『名探偵コナン』など)。また、田中はテレビ朝日で放送されるピアース・ブロスナン版の『007』シリーズの吹き替えも担当している。

ドラゴンボールZ』の劇場版『ドラゴンボールZ』で敵役・ガーリックJr.を演じた際のピッコロ役の古川との共演の理由は監督が『うる星やつら』のファンで、「古川さんのライバルなら、神谷さんだ」とのことでキャスティングされたという。実際ピッコロ役は神谷も候補に挙がっていたという。他にも『北斗の拳』をはじめ、さまざまな作品でライバルを演じることが多かった。『名探偵コナン』では、神谷演じる毛利小五郎を慕う、小五郎と同じ能天気な性格の山村ミサオ役で古川は共演している。

また1970年代のロボットアニメでは井上真樹夫キートン山田で共演しており共演する場合はいずれも近しい場合が多い。

島津冴子とは『うる星やつら』での共演以来、恋愛に絡む役が多い。

出演作品にまつわるエピソード[編集]

ロボットアニメ[編集]

勇者ライディーン』、『闘将ダイモス』では声を潰した経験をもつ。どちらも長浜忠夫監督作品であり、「全力で芝居したのだと思うし、思い入れが深い」と神谷は語る。『アニメディア』の連載に来た質問では、「今でも『ライディーン』のひびき洸の声を出せますか?」という質問に「出来るが、いい後進がいれば任せたい」との意見を示した。特に『ライディーン』後半の戦闘シーンでは、叫びっぱなしだったため、最後の「ゴッドバード!チェンジ」の台詞のみは、やむなく本人の声を録音したものを毎回用いるようにしていた。

スーパーロボット大戦シリーズ」では多くの作品で神谷の演じたキャラクターが登場しており、音声付の作品ではほぼ毎回新録を行っている。また収録するキャラクターが多いことから収録を2回に分けたり、「ゲームだから一番いい声を残したい」ために「ゲッタービーム!」と30回も言い直したという逸話もある[20]

1998年に発表されたOVA作品『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』はリメイク作として主要キャラクターのキャスト全てが総入れ替えとなったが、冒頭ナレーションという形で神谷が参加。神谷自身、かつての流竜馬役とは異なるが思い入れの深い作品に参加できたことは非常に感慨深いと述懐している。

『週刊少年ジャンプ』作品[編集]

『北斗の拳』でケンシロウを演じていた時、「終わった」というアドリブを叫んでいた。このことは2004年放送の『トリビアの泉』で、アニメでケンシロウが「あたたたた……」の後に「終わった〜(ほわたぁ〜と聞こえる)」と言っているというトリビアとして紹介された。神谷によれば、当番組では非常に喉に過酷で甲高い声を出すのが大変だったので「あー、今日も本当に疲れたな。これで(仕事が)終わったな」という意味を込めたアドリブで、当時は仕事が忙しくそうした遊びを入れないとやってられないほどだったという。事実、神谷は『北斗の拳』以外の『ジャンプ』作品だけでも『キン肉マン』、『シティーハンター』と主役を張るほどの売れっ子で、休む暇も無かった。
また、ラジオ関西の番組『ピクチャーランドCLUB』にゲスト出演した際の「北斗百裂拳の声をどのようにして出しているのか」というリスナーからの質問に対し、神谷は「自分の大切なものが無くなって見つからず、ずーっと探していたが見つからず、それがある時机の裏から見つかった時に『あったぁ!』という声を何度も繰り返している」と答えている。
以降の作品では、子安武人新・北斗の拳)、阿部寛(新劇場版・OVA)、河本邦弘(パチンコ・スロット)、小西克幸北斗無双)、古賀一史(DD北斗乃拳)、石川英郎(ラオウ外伝 天の覇王)などに声優が変更されていることが多い[注 2]
キン肉マン騒動
独立騒動後の2002年から集英社側が制作したテレビアニメ『キン肉マンII世』で登場したキン肉マンは、神谷ではなく古川登志夫が演じていた。これには独立騒動が尾を引いたという説の他、『笑っていいとも!』のコーナーにて「役をやってて死にそうだった」などと告白していることから自身の健康面のことを考えてオファーを断ったのではないかという説、さらにはこれに関連した神谷の健康不安説まで様々な憶測が飛び交うことになった。
2007年2月3日の『青春ラジメニア』にゲスト出演した際、本人がこの件に触れており「製作側の予算の都合。好きなキャラなので、やりたくないわけでは決してない」と説明しこれらの憶測を否定している。これは声優のアニメ出演ではギャラの額の決定に際して「ランク制」という規定が適用されることから、上位ランクでギャラ単価の高い神谷が「自分が出演したいから」「自分がやっていた役だから」という理由でギャラを制作側の予算に合わせる形で規定額から勝手に下げてしまうと、ランク制のシステムの関係で自動的に他の全出演者のギャラ単価にも軒並み大きな悪影響を及ぼしてしまうため、そのような無理な出演はできないという意味であり、すなわちアニメ制作者側の予算と声優業界のシステム面に起因する事情が声優交代の理由であったということを示している。また、1980年代の声優の地位・収入の向上の活動に携わった世代の一員である彼にとっては、同輩や後進に負担を掛ける無理な出演はなおさらにできないことだった。なお、予算が十分に確保されていた同作の映画版ではキン肉マン役で出演を果たしている。
シティーハンター
『シティーハンター』の冴羽が「自分が今まで演じた中で、一番好きなキャラクター」だと公言している。理由はTOKYO FMの番組『やまだひさしのラジアンリミテッドDX』にゲスト出演した際「ケンシロウのような二枚目の演技も、キン肉スグルのような三枚目の演技も冴羽は全て受け入れてくれるから」と語っており、山田康雄[21]井上真樹夫[22]など感銘を受けた先輩や共演者を意識した演技をしていたという。
神谷の事務所「冴羽商事」の由来も冴羽を演じたことから来ている。事務所の設立に当たっては作者の北条司に名前の使用許可を得ているが北条は本気だと思っていなかったらしく、設立の報告に行ったところ「エッ、本当につけたの?」と驚かれたという[23]
以上のように『少年ジャンプ』系アニメで多く主演した関係から、それらの作品の原作者である漫画家らが集英社から独立して設立した編集プロダクションのコアミックスに出資、役員を務めていたが2004年12月31日をもって退社している。『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』や実写映画版『バクマン。』のCMナレーションのように、現在でも集英社作品に関わっている。

高橋留美子作品[編集]

高橋留美子にその声を気に入られており、『うる星やつら』の面堂終太郎や『めぞん一刻』の三鷹瞬の声を演じている。また、ギャグ系キャラクターへの転機となったのは『うる星やつら』の面堂と神谷は述懐している。

『うる星やつら』『めぞん一刻』終了後には、面堂や三鷹のキャラクターの流れを汲む『らんま1/2』のライバルキャラクター・九能帯刀のキャスティングにも推薦されたが『らんま1/2』の監督・芝山努は「新人など、今までの高橋留美子作品に無いものを」と考え却下した(アニメ版の九能は鈴置洋孝が演じた)。高橋の強い推薦により、その九能帯刀に仕える猿隠佐助という新たなアニメオリジナルキャラクター(デザインは高橋が担当)が登場しているが、それも監督には認められず千葉繁が演じている。『らんま1/2』後期には、いくつか神谷のために用意されたキャラクターが登場した。

名探偵コナン[編集]

2009年9月18日、自身のブログにおいて「9月17日をもって『名探偵コナン』の毛利小五郎役を解任させられた」ことを明かしている。詳細については触れず「契約上の問題と信・義・仁の問題」であるとし、『名探偵コナン』という作品にはこの件は無関係であること、原作者の青山剛昌・共演者・APUスタジオ読売テレビ小学館に対しお詫びと長年の愛顧についての感謝の言葉を述べている[注 3]。この際には具体的な理由が明かされなかったため、ファンの間では様々な噂や憶測が飛び交った[24]。神谷自身は19日、自身のブログで降板の理由について「制作会社の方」との「信頼関係を失わせる」出来事があったことを仄めかすものの、翌日にその内容を削除している[25]

2009年10月28日発売の『週刊少年サンデー』において、神谷の後任として小山力也が小五郎役を受け継ぐことが発表され、10月31日放送話から担当している。神谷自身も小山にエールを送り、翌年4月に改めて会食して正式にバトンタッチとアドバイスが完了したと、ブログでも述べている。

『名探偵コナン』の直接の番組プロデューサーやメインキャストとの各個人的交流は降板後も断たれずに続いており、『コナン』はこれからもずっと続いて欲しいことと、番組からひとまず離れたが応援団として変わらず支え続けている旨を、神谷自身は現在もブログ・ツイッター・各種イベントその他で公言している。

2019年4月公開の劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』の予告映像の一つに、『北斗の拳』とのコラボという変則的な形式でケンシロウ役にてナレーション出演し、10年ぶりに『名探偵コナン』への参加が実現した。

大地丙太郎監督作品[編集]

コナン降板後、テレビアニメでレギュラー出演した作品はすべて大地丙太郎が監督をしている作品である(2016年現在まで)。2013年には大地が手がけた実写ドラマ『よってこ てんてこ め江戸かふぇ』にも顔出し出演している。

テアトル・エコー時代[編集]

テアトル・エコーに所属していた頃の先輩である山田康雄納谷悟朗熊倉一雄等の教え子であることを自認している。前述にあるように『シティーハンター』の冴羽?はルパン三世(山田)を彷彿させるような演技を行い、『名探偵コナン』の毛利小五郎銭形警部(納谷)を意識した演技を心がけ、熊倉の三枚目の演技と歌唱力は「キン肉マンを演じる時に大変参考になった」と語っている。山田については、仕事の面では同業者に厳しかったことから「山田さんは神経質で怖い先輩だった」と評していた一方、役者として尊敬していた。納谷には養成所時代に講師として直接演技についての指導を受けたことがあり、人柄については「演技に厳しい人でしたが、優しく、心温かい方でした」と評価していた。槐柳二とは近所付き合いで、若い時に仕事先を推薦してくれたことがある。かつて所属していた矢田耕司からは厳しく叱られながらも可愛がられ、辻村真人は新人だった自身を笑顔で導いてくれたと語っている。

仕事に対する姿勢[編集]

声優業が専業として確立する以前から活動する人物の中では「声の仕事は、俳優の仕事がないときの副業アルバイトにすぎない」という認識を持つ者や、「声優」という肩書で呼ばれることに抵抗を感じている人物が多いが、神谷は声優をプロと考えている数少ない人物である。神谷自身もかつては声優と呼ばれることに抵抗があったが、声の仕事を経験するうちにその仕事にプライドを持つようになったと語る[26]。また、声優呼ばわりを嫌悪する人物に対して「"声優ではなく俳優"と言ったところで、実際に自らの生計を立てたのが声の仕事なら、それはやっぱり『声優』なんです」という発言をしている[26]。その上で「プライドだけの問題。そんなプライドは持たない方がいい」とも発言している[26]
関東圏出身ながらも関西弁を話すキャラクターを担当する事があり、その際は北村弘一松原美穂など関西出身の共演者や友人からレクチャーを受けたり喋りを録音してそれを元に発音記号を起こすなどしてネイティブに近つげるようにしているという[27]

その他のエピソード[編集]

売れっ子の神谷はを治療した直後の当日に仕事をしなければならなかったこともあった。しかもスタジオ入りの途端麻酔が再び効きだし、『プリンプリン物語』のタイトルを「フリンフリン物語」としか言えず、危機に陥った経験がある。

かつては稀代の雨男として名を馳せた。イベントにおいてはそれまで快晴だった空が神谷が登場するや否や雲が差し掛かり、そのまま雨が降ってきたという事態も一度や二度ではなかった。

多くの現在の著名声優が在籍していたことでも知られる劇団薔薇座で神谷は正規の座員ではなかったものの大道具のアルバイトをしていたといい、その流れでテレビ局やドリフのコント番組の舞台転換のアルバイトをしていたという[28]

立ち食いそばが大好物でとてもうるさい。そのため「山手線全駅の立ち食いそばを制覇している」といわれていたが、後に「結構制覇しましたけど全駅ではないですね」とこのことを否定している[29]

神谷浩史とは、同じ名字でなおかつ職業も同じであるものの、血縁関係は一切ない。但し、浩史はラジオなどで明を「僕のお父さん」等と称している他、2003年に発売されたゲーム作品『激闘プロ野球 水島新司オールスターズVSプロ野球』では『ドカベン』の里中智を明に代わり演じている。また浩史は青二塾に通っていた当時、講師として訪れていた明から塾生として指導を受けていたことがあるという。

いわゆる"第二次声優ブーム"の立役者の一人だった頃、自身のラジオ番組『イクエと明のはなきんパーティー』で"おにぎり仮面"のニックネームを付けられた(当時長髪であったため、その髪型からの由来)。また当時同番組では、「アホといわれようとも!瞬間湯沸器といわれようとも!」というギャグもあった。

後任・代役[編集]

ギャランティの問題やスケジュールの都合、2000年代後期の病気療養に伴う休業などの理由から複数の持ち役を降板したことがある。神谷の降板後、後任・代役を務めた人物は以下の通り(リメイク作品など、神谷に限らず他の声優陣も大幅に一新している作品は除外)。

古谷徹 - 『カーグラフィックTV』:ナレーター
大塚芳忠 - 『ポリスアカデミーシリーズ』:ケーリー・マホニー〈スティーヴ・グッテンバーグ
千葉繁 - 『ドラゴンボールZ』:ガーリックJr.(『ドラゴンボールZ』)[30]
横島亘 - 『007』シリーズ:ジェームズ・ボンドピアース・ブロスナン〉(『ワールド・イズ・ノット・イナフ』以降)[31]※ソフト版
古川登志夫 - 『キン肉マンII世』の関連作品:キン肉スグル
子安武人 - サミー版パチスロ『シティーハンター』:冴羽ニューギンPうる星やつら〜ラムのLoveSong〜』:面堂終太郎(『うる星やつら』)
神谷浩史 - 『激闘プロ野球 水島新司オールスターズVSプロ野球』:里中智(『ドカベン』)
平川大輔 - 『名探偵ポワロ 4階の部屋』:ドノバン・ベイリー ※完全版DVD追加録音部分
河本邦弘 - アーケード版『北斗の拳』、『北斗の拳 〜審判の双蒼星 拳豪列伝〜』、パチンコ・パチスロ『北斗の拳』シリーズ、『お台場冒険王』内イベント:ケンシロウ
大川透 - 『キングダム ハーツ』シリーズ(『キングダム ハーツ チェイン オブ メモリーズ』以降)、『アラジン』DVD特典映像:イアーゴ
檜山修之 - アルゼ版パチスロ『ゲッターロボ』:流竜馬
小山力也 - 『名探偵コナン』:毛利小五郎
真殿光昭 - 『聖闘士星矢 ソルジャーズ・ソウル』:α星ドゥベのジークフリート
山寺宏一 - 『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』:冴羽?〈フィリップ・ラショーフランス語版[32]
内、『ドラゴンボールZ』のガーリックJr.役、『キン肉マンII世』のキン肉スグル役、『シティーハンター』の冴羽?役、『北斗の拳』のケンシロウ役は現在はCMやパチンコ、ゲームなどの各種メディアで神谷が再登板するようになった。ただし、『北斗の拳』に関しては多くの派生作品が作られ、作品ごとに異なるキャストが起用されることも多くなっている。

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1970年
いなかっぺ大将(クラスメート、門弟、見物人、ひろし、マイク、一郎、まさみ)
魔法のマコちゃん(千吉)
赤き血のイレブン(屋島佐介)
天才バカボン(歌合戦の司会者)
ふしぎなメルモ(加藤太郎)
海のトリトン(海鳥)
科学忍者隊ガッチャマン(ロミナ)
空手バカ一代(有明省吾[33]
けろっこデメタン(アオ太郎)
荒野の少年イサム渡イサム
新造人間キャシャーン(アンドロイドロボット5号)
ゼロテスター(1973年 - 1974年、吹雪シン[34]
バビル2世バビル2世[35]
ミラクル少女リミットちゃん(栗本ジュン)
ドラえもん(日本テレビ版)
アルプスの少女ハイジ
宇宙戦艦ヤマト(1974年 - 1981年、加藤三郎加藤四郎)- 3シリーズ[36]
ゲッターロボ(1974年 - 1976年、流竜馬[37][38]、歴戦のキャプテン(鉄球)、恐竜兵士)- 2シリーズ[39]
昆虫物語 新みなしごハッチ
アラビアンナイト シンドバットの冒険(アリババ[40]
一休さん(哲斉〈2代目〉)
少年徳川家康(又五郎)
勇者ライディーンひびき洸
タイムボカン(王子、イソッチ)
ゴワッパー5 ゴーダム(戸川一郎)
大空魔竜ガイキング(1976年 - 1977年、ツワブキ・サンシロー[41]、スタール)
ドカベン(1976年 - 1979年、里中智[42]
ブロッカー軍団IVマシーンブラスター(発田一郎、健)
UFOロボ グレンダイザー(ひろし、少年コマンド隊アインス)
マシンハヤブサ(ビル・ゲイラ、暴走族)
あしたへアタック!(伏島一郎[43]
合身戦隊メカンダーロボジミー・オリオン
ジェッターマルス(アディオス)
超スーパーカー ガッタイガーエリック・ベルゲン
惑星ロボ ダンガードA(1977年 - 1978年、一文字タクマ[44]
氷河戦士ガイスラッガーミト・カヤ
ヤッターマン(サスケ)
家なき子(マルカーノ)
宇宙海賊キャプテンハーロック(1978年 - 1979年、台羽正[45]
キャプテン・フューチャー
銀河鉄道999(プライダー)
女王陛下のプティアンジェ(ハワード)
闘将ダイモス竜崎一矢
宝島(カモメのパピー[46]
魔女っ子チックル(錦三郎)
恐竜大戦争アイゼンボーグ (斉木俊介)
アニメーション紀行 マルコ・ポーロの冒険(チャパンドゥ)
円卓の騎士物語 燃えろアーサー(1979年 - 1980年、アーサー[47][48])- 2シリーズ
がんばれ!ぼくらのヒットエンドラン(葵麻呂[49]
ゼンダマン(テセウス、忠敬)
宇宙戦士バルディオス(デグラス)
太陽の使者 鉄人28号(ジョー)
鉄腕アトム (アニメ第2作)(ゼウース)
百獣王ゴライオンシンクライン皇太子、クローンシンクライン)
ヤットデタマン(ミケランジェロ)
うる星やつら(1982年 - 1986年、面堂終太郎[50]、ケンシロウ)
ゲームセンターあらし(戸符)
パタリロ!(1982年 - 1983年、タマネギ21号、クリスチャン博士)
超時空要塞マクロスロイ・フォッカー[51]
最強ロボ ダイオージャ(代官子息・ウルダ)
伊賀野カバ丸(目白沈寝)
銀河疾風サスライガー(ロン・グッド)
キン肉マン(1983年 - 1992年、キン肉スグル〈キン肉マン〉、キン肉タツノリ)- 2シリーズ
さすがの猿飛(地頃)
ナイン(山中健太郎)- 2シリーズ
プラレス3四郎(ビル・トーマス)
未来警察ウラシマンクロード〈蔵人〉・水沢、ナレーション)
まんが日本史森蘭丸
オヨネコぶーにゃんオヨヨネコ
GU-GUガンモ(沢田巡査)
北斗の拳(1984年 - 1988年、ケンシロウ[52])- 2シリーズ
名探偵ホームズ(技師)
夢の星のボタンノーズ(チクタクボン)
青春アニメ全集伊豆の踊子」(水島)
聖闘士星矢(1986年 - 1989年、ペルセウス座のアルゴルα星ドゥベのジークフリート
めぞん一刻(1986年 - 1988年、三鷹瞬、三鷹の父)
アニメ三銃士アトス
げらげらブース物語(ブース〈〉)
シティーハンター(1987年 - 1999年、冴羽)- 4シリーズ + 特別編3本[53]
のらくろクン(王子)
ドクター秩父山秩父山
たいむとらぶるトンデケマン!(ダンダーン王子)
YAWARA!(風祭進之介)
八百八町表裏 化粧師(式亭小三馬)
もーれつア太郎ニャロメ
ゲッターロボ號大道剴[54]
美少女戦士セーラームーン シリーズ(1994年 - 1996年、教授〈土萠創一〉)- 2シリーズ
アニメ世界の童話(シンドバッド)
空想科学世界ガリバーボーイ(ブルース)
名探偵コナン(1996年 - 2009年、毛利小五郎〈初代[55]〉)
キューティーハニーF(如月猛)
万能文化猫娘(夏目久作)
銀装騎攻オーディアン(哉生正樹)
BRIGADOON まりんとメラン(クストン・ブラウン)
地球防衛家族大地衛
破邪巨星Gダンガイオー(天城進/ダンガイオーUr)
高橋留美子劇場(年男「おやじローティーン」、東雲「日帰りの夢」)
アークエとガッチンポーてんこもり(サンタボス)
エンジェル・ハート(2005年 - 2006年、冴羽[56]
ヤッターマン(神谷明)※本人として特別出演
ルパン三世VS名探偵コナン毛利小五郎[57]
おじゃる丸(諸星)※「山田一郎」名義
ポヨポヨ観察日記佐藤茂、杉田ハナ)
DD北斗の拳(2013年 - 2015年、リュウケン[58][59]、リンゾウ、石原リュウ次郎)- 2シリーズ
神様はじめました◎(僧正坊[60]
こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE FINAL 両津勘吉 最後の日(誘拐犯リーダー[61]
信長の忍び斎藤道三
ポプテピピックピピ美〈第4話Bパート〉)
銀魂.(エリザベス〈ドラゴニア〉)
タイムボカン 逆襲の三悪人聖徳太子

劇場アニメ[編集]

1975年
グレートマジンガー対ゲッターロボ流竜馬
グレートマジンガー対ゲッターロボG 空中大激突流竜馬
グレンダイザー ゲッターロボG グレートマジンガー 決戦! 大海獣流竜馬
宇宙戦艦ヤマト加藤三郎[62]
世界名作童話 白鳥の王子(王子)
さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち加藤三郎[63]
チリンの鈴チリン
ヤマトよ永遠に加藤四郎[64]
地球へ…(セキ・レイ・シロエ)
悪魔と姫ぎみ(ヒースクリフ)
宇宙戦艦ヤマト 完結編加藤四郎[65]
うる星やつら オンリー・ユー面堂終太郎
プロ野球を10倍楽しく見る方法ハラ
うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー面堂終太郎[66]
キン肉マン 奪われたチャンピオンベルトキン肉マン
キン肉マン 大暴れ!正義超人キン肉マン
超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますかロイ・フォッカー
忍者ハットリくん+パーマン 超能力ウォーズ(サイコマン)
プロ野球を10倍楽しく見る方法 PART2(ハラ)
うる星やつら3 リメンバー・マイ・ラブ面堂終太郎
キン肉マン 正義超人vs古代超人キン肉マン
キン肉マン 逆襲!宇宙かくれ超人キン肉マン
キン肉マン 晴れ姿!正義超人キン肉マン
うる星やつら4 ラム・ザ・フォーエバー面堂終太郎
キン肉マン ニューヨーク危機一髪!キン肉マン
キン肉マン 正義超人vs戦士超人キン肉マン
11人いる!タダトス・レーン
北斗の拳ケンシロウ
うる星やつら 完結篇面堂終太郎
聖闘士星矢 真紅の少年伝説(竜骨座カリナのアトラス)
めぞん一刻 完結篇(三鷹瞬)
ギャラガ HYPER PSYCHIC GEO GARAGA(オンブー)
シティーハンター 愛と宿命のマグナム冴羽
ドラゴンボールZ(ガーリックJr.)
シティーハンター ベイシティウォーズ冴羽
シティーハンター 百万ドルの陰謀冴羽
うる星やつら いつだってマイ・ダーリン面堂終太郎
かいけつゾロリゾロリ
Coo 遠い海から来たクー(トニー・ボトムズ)
Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!ペンギン村より愛をこめて(Dr.マシリト、メチャウケン、月)
Jリーグを100倍楽しく見る方法!!ラモス瑠偉
Dr.スランプ アラレちゃん んちゃ!!わくわくハートの夏休み(Dr.マシリト、透明人間)
平成狸合戦ぽんぽこ(玉三郎[67]
はじまりの冒険者たち レジェンド・オブ・クリスタニア(アシュラム)
ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!ドラパン
名探偵コナン 時計じかけの摩天楼毛利小五郎[68]
スレイヤーズごぅじゃす(ロード・カルバート)
名探偵コナン 14番目の標的毛利小五郎[69]
名探偵コナン 世紀末の魔術師毛利小五郎[70]
The AURORA 海のオーロラ(王玉竜[71]
名探偵コナン 瞳の中の暗殺者毛利小五郎[72]
キン肉マンII世(初代キン肉マン〈スグル〉)
名探偵コナン 天国へのカウントダウン毛利小五郎[73]
名探偵コナン ベイカー街の亡霊毛利小五郎[74]
名探偵コナン 迷宮の十字路毛利小五郎[75]
名探偵コナン 銀翼の奇術師毛利小五郎[76]
名探偵コナン 水平線上の陰謀毛利小五郎[77]
名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌毛利小五郎[78]
名探偵コナン 紺碧の棺毛利小五郎[79]
名探偵コナン 戦慄の楽譜毛利小五郎[80]
名探偵コナン 漆黒の追跡者毛利小五郎[81]
劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ[82](エリザベス)
劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉冴羽[83]

OVA[編集]

1985年
うる星やつらシリーズ(1985年 - 1991年、面堂終太郎) - 10作品
こちら葛飾区亀有公園前派出所中川圭一
夢次元ハンターファンドラ(クエ)
アウトランダーズ(ナオ)
那由他(キロ)
ペリカンロード クラブ・カルーチャ(清水敏満)
うる星やつら 夢の仕掛人 因幡くん登場! ラムの未来はどうなるっちゃ!?面堂終太郎
エルフ・17(マスカット・タイラー)
破邪大星ダンガイオーロール・クラン、第2話ナレーション)
火の鳥 宇宙編(牧村[84]
マップス 伝説のさまよえる星人たち(ニュウ・エイブ)
宇宙家族カールビンソン(ターくん)
宇宙の戦士(ズイム)
孔雀王(日光)
ザナドゥ ドラゴンスレイヤー伝説(ユアン)
銀河英雄伝説(バグダッシュ中佐)
ドッグソルジャー DOG SOLDIER:SHADOWS OF THE PASTジョン・キョースケ・飛葉
星猫フルハウス(チラク)
緑山高校 甲子園編(佐田丸)
八神くんの家庭の事情(四日市明)
ロードス島戦記アシュラム
究極超人あ〜る(鳥坂先輩)
スケバン刑事(神恭一郎)
スローステップ(山桜監悟)
万能文化猫娘(夏目久作)
HUMANE SOCIETY 〜人類愛に満ちた社会〜(ディレクター)
おたくの星座(インドラ)
YAMATO2520(リキヤード少佐)
レジェンド・オブ・クリスタニア(アシュラム)
支配者の黄昏 TWILIGHT OF THE DARK MASTER(晃龍)
真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日(ナレーション)
万能文化猫娘DASH(夏目久作)
青山剛昌短編集 夏のサンタクロース(グレイ)
青山剛昌短編集2 探偵ジョージのミニミニ大作戦桐島祥二
名探偵コナン コナンvsキッドvsヤイバ 宝刀争奪大決戦!!毛利小五郎
マクロス ゼロロイ・フォッカー
名探偵コナン 16人の容疑者(毛利小五郎
名探偵コナン 標的は小五郎!!探偵団マル秘追跡レポート(毛利小五郎
名探偵コナン 消えたダイヤを追え! コナン・平次vsキッド!(毛利小五郎
名探偵コナン 阿笠からの挑戦状! 阿笠vsコナン&少年探偵団(毛利小五郎
名探偵コナン 女子高生探偵 鈴木園子の事件簿(毛利小五郎
名探偵コナン 名探偵コナン 10年後の異邦人(毛利小五郎
うる星やつら ザ・障害物水泳大会面堂終太郎

Webアニメ[編集]

花のずんだ丸(2013年、校長カシラ[85]

ゲーム[編集]

1989年
レッドアラートPCエンジンガイ・カザマ
うる星やつら STAY WITH YOU面堂終太郎
熱血高校ドッジボール部サッカー編くにお
R-TYPE COMPLETE CDPCエンジンSUPER CD-ROM2
電忍アレスタ
ドラゴンナイトII(ヤマトタケル) ※PCエンジン版
YAWARA!(風祭進之介)
天外魔境 風雲カブキ伝(永遠のサングエ)
うる星やつら 〜ディア マイ フレンズ〜面堂終太郎
ドラゴンナイトIII(ヤマトタケル) ※PCエンジン版
ぽっぷるメイル ※PCエンジン版(ブラッキィ)
YAWARA!2(風祭進之介)
ロードス島戦記 英雄戦争(アシュラム)
ロードス島戦記2(アシュラム) ※PCエンジン版
ドラゴンナイト&グラフィティ(ヤマトタケル
北斗の拳 シリーズ(1995年 - 2013年、ケンシロウ) - 13作品[注 4]
リンダキューブ(ヒューム)
ガチャ王
スーパーロボット大戦シリーズ(1996年 - 2008年、流竜馬、竜崎一矢、ひびき洸、ツワブキ・サンシロー、ロイ・フォッカー、ロール・クラン) - 17作品[注 5]
トバルNo.1(グリン・カッツ)
ラングリッサーIIIディハルト、クラウス伯爵)
ドラゴンナイト4ヤマトタケル) ※PC-FX
トバル2(グリン・カッツ)
桃太郎道中記(実況、大悪魔)
サクラ大戦2 〜君、死にたもうことなかれ〜(京極慶吾)
名探偵コナン小五郎、子分)
宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル加藤三郎
ゲッターロボ大決戦!流竜馬、ナレーション)
70年代風ロボットアニメ ゲッP-X(百舌鳥恵一)
続・御神楽少女探偵団 〜完結編〜(常盤省吾)
さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち加藤三郎
名探偵コナン 3人の名推理(毛利小五郎
アドベンチャーオブ東京ディズニーシー 〜失われた宝石の秘密(イアーゴ)
キングダム ハーツ(イアーゴ)
キン肉マンII世 新世代超人VS伝説超人キン肉スグル
バトルフィールド(日本兵)
名探偵コナン 最高の相棒(毛利小五郎
UNiSON(ダンス先生)
ライジンピンポン(ライジ)
名探偵コナン 大英帝国の遺産(毛利小五郎
Another Century's Episode 2(ロイ・フォッカー)
キン肉マン マッスルグランプリキン肉マン
キン肉マン マッスルグランプリMAXキン肉マン
キン肉マン マッスルジェネレーションズキン肉マンキン肉マン 戦闘スタイル
Another Century's Episode 3 THE FINAL(ロイ・フォッカー)
キン肉マン マッスルグランプリ2キン肉マン
名探偵コナン 追憶の幻想(毛利小五郎
キン肉マン マッスルグランプリ2 特盛キン肉マン
マクロスエースフロンティア(ロイ・フォッカー)
マクロスアルティメットフロンティア(ロイ・フォッカー)
Another Century's Episode:R(ロイ・フォッカー)
マクロストライアングルフロンティア(ロイ・フォッカー)
ドラゴンボールヒーローズ(2013年 - 2017年、ガーリックJr.) - 4作品[注 6]
100&メダル GINGAAAN!!
JUMP FORCE(冴羽
スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション(ガーリックJr.)
クロス×ロゴス(冴羽[86]

パチンコ・パチスロ[編集]

CRシティーハンター(冴羽?
CRぱちんこキン肉マンキン肉スグル〈キン肉マン〉
パチスロキン肉マン「パチスロキン肉マン〜キン肉星王位争奪編〜」キン肉スグル〈キン肉マン〉
パチスロシティーハンター(冴羽?
北斗の拳(ケンシロウ)※初代パチスロ北斗の拳・CR北斗の拳S

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]


ギルバート・ゴットフリード
アラジン(イアーゴ)
アラジン ジャファーの逆襲(イアーゴ)
アラジン完結編 盗賊王の伝説(イアーゴ)
アラジンの大冒険(イアーゴ)
おやゆび姫 サンベリーナ(バークレー・ビートル)
探偵レミントン・スティール(レミントン・スティール)※シーズン2まで
007シリーズジェームズ・ボンド
007 ゴールデンアイ※ソフト版
007 トゥモロー・ネバー・ダイ※ソフト版
007 ワールド・イズ・ノット・イナフ※バラエティ番組にて冒頭シーンのみ
ダンテズ・ピーク(ハリー・ドルトン)※ソフト版
テロリスト・ゲーム(マイケル・グラハム)※機内版

映画[編集]


愛と青春の旅だち(トッパー・ダニエルス〈デヴィッド・カルーソ〉) ※フジテレビ版
アイズ(ジョン・ネヴィル〈トミー・リー・ジョーンズ〉)
イエスタデイ(ヴィンセント・ヴァン・パタン)※日本テレビ「水曜ロードショー」版
王子と乞食(エドワード〈マーク・レスター〉)
俺たちに明日はない(配達員) ※テレビ朝日版
ガン・ホー(高原カズヒロ〈ゲディ・ワタナベ〉)※フジテレビ版(DVD収録)
グローリー(ロバート・グールド・ショー大佐〈マシュー・ブロデリック〉)※ソフト版
ゴールデン・チャイルド(チャンドラー・ジャレル〈エディ・マーフィ〉)※機内上映版
個人授業(ボビー〈マット・ラッタンジー〉)
再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ(ジェイミー・コンウェイ〈マイケル・J・フォックス〉)
最前線物語(グリフ〈マーク・ハミル〉)
シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(モッコリー氏[87]
ジョンとメリー
スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望ルーク・スカイウォーカー〈マーク・ハミル〉)※「THE STORY OF THE STAR WARS」版
潜水艦X-1号(クエンチン〈ポール・ヤング〉)※テレビ朝日版(DVD収録)
テキーラ・サンライズ(マック/マキュージック〈メル・ギブソン〉) ※ビデオ版
バッドボーイズ(マーカス〈マーティン・ローレンス〉) ※フジテレビ版
ピクセルエディ・プラントピーター・ディンクレイジ[88]
ビッグ・ウェンズデー(ジャック〈ウィリアム・カット〉)
フィラデルフィア・エクスペリメント(デビッド・ハーデック〈マイケル・パレ〉)※フジテレビ版
フェイス/オフ(ショーン・アーチャー〈ジョン・トラボルタ〉)※DVD・ビデオ版
フォード・フェアレーンの冒険(フォード・フェアレーン〈アンドリュー・ダイス・クレイ〉)
復讐の用心棒(ネッド〈マウリツィオ・ボニ〉)※TBS版(DVD収録)
普通の人々(コンラッド〈ティモシー・ハットン〉)
プライベイトスクール(ジム〈マシュー・モディーン〉)※フジテレビ版
ポリスアカデミー(ケーリー・マホニー〈スティーヴ・グッテンバーグ〉)※TBS版(BD&DVD収録)
マドモアゼル(ブルーノ)
マペットめざせブロードウェイ!カーミット)※FOX
メン・イン・ブラック2(ニーブル)※ソフト版
燃えよデブゴン3(ズル虎/タイガー〈ラウ・カーウィン〉)※フジテレビ版
ラビリンス/魔王の迷宮(サー・ディディモス)※フジテレビ版
ロボフォース 鉄甲無敵マリア(セイビャー)※VHS版

テレビドラマ[編集]


爆発!デューク(ボー・デューク〈ジョン・シュナイダー〉)※フジテレビ放送版
名探偵ポワロ 4階の部屋 (ドノバン)※NHK版

アニメ[編集]


美しい森の物語〜王子とマリア姫〜(王子)
キャプテン・アメリカキャプテン・アメリカ
スター・ウォーズ ドロイドの大冒険(マンゴ・バオバブ)※VHS版

テレビドラマ[編集]

戦国自衛隊・関ヶ原の戦い(2006年、日本テレビ)ナレーター
よってこ てんてこ め江戸かふぇ(2013年1月、サンテレビジョン)じい2、ナレーター他

ウェブドラマ[編集]

#声だけ天使(2018年1月22日、AbemaTV) - 特別講師:神谷明 役[89]

テレビ番組[編集]

理科教室中学校1年生NHK教育、1971年度)(おにいさん)
いただきマッスル!中京テレビ、天の声(ナレーション))
オレたちひょうきん族フジテレビ、ひょうきんスター誕生司会)
快進撃TVうたえモン(フジテレビ)
カーグラフィックTV(初代ナレーター 1986年頃まで)
紅白歌合戦(第66回 2015年12月31日、NHK)(『アニメ紅白』、ケンシロウの声)
さわやか彩の国(テレビ東京で放送された埼玉県広報番組のナレーション)
週刊プレイガール(テレビ朝日、ナレーション)
お笑いワイドショー マルコポロリ!関西テレビ:2009年11月22日放送分)
プレミアムスウィッチ(日本テレビ:2010年9月26日放送分、ゲスト〈顔出し〉)
関口宏のびっくりトーク ハトがでますよ!(ナレーション)
花の女子校 聖カトレア学園(テレビ東京、ナレーション)
怪傑黄金時間隊!!TBS、ナレーション)
テレビ寺子屋テレビ静岡2011年1月15・29日放送分、講師)
トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜
「ファミコンを武器に戦うマンガがある」(2004年6月16日ファミコマンド竜
ケンシロウの台詞に存在したトリビアの解説(2004年12月8日
副音声ナレーター(2006年5月3日
ニッポン快汗マップ ガムシャラ十勇士!!(ナレーション)
初笑い浪花の陣第1部 クイズコーナー(朝日放送) 出題者。1998年 - 2001年まで出演
BSアニメ主題歌大全集2008(2008年5月6日NHK BS2) 『キン肉マンGOFight!』(串田アキラ with 神谷明)
『キン肉マンGOFight!』を、串田とデュエットで歌う。
ぶらり途中下車の旅(2011年8月20日、ナレーション)夏季休暇中の滝口順平の代理
シルシルミシルさんデー
(2011年4月11日、ホイールローダーの声)
2012年10月7日、メロンシロウの声)
2013年6月30日、ケンシローソン100の声)
我思う、故に我ラーメンII(HTB、2013年2月28日)(水木一郎と共にゲスト出演)
DJモノフェスタ(フジテレビ、ナレーション)
SWITCHインタビュー 達人達NHK教育、2016年2月27日)
ぼくらはマンガで強くなった「誰だってヒーローになれる!キン肉マン」NHK BS1、2016年12月9日)
激!今夜もドル箱(テレビ東京、2017年3月28日・9月12日)
さまぁ〜ずの神ギ問(フジテレビ、2018年8月18日)
痛快!明石家電視台毎日放送、2018年9月3日)
激撮!愛知県警密着24時〜カネと欲の大追跡SP〜(テレビ愛知、2019年2月2日、ナレーション)
劇場版「シティーハンター」公開記念特番ミュージック・シティーハンター(日本テレビ、2019年2月5日)
忘れじのカルチャー倶楽部 クラッキクロニクル 〜タイムマシンに気をつけろ!〜BSスカパー!、2019年9月19日)

映画[編集]

日本沈没(自衛隊、警察無線の声)
さらば愛しの大統領(本人役)

特撮[編集]

アクマイザー3(バスカルの声)
印刷せよ!共信マン(共信マンの声)
SFドラマ 猿の軍団(酒場の猿の声)
がんばれ!!ロボコン(ロボデキの声)
キューティーナイト2(帝国屋大首領役)
スーパー戦隊シリーズ
超力戦隊オーレンジャー(ガンマジンの声)
超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー(ガンマジンの声)
ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦(黒十字王の声)
ボイスラッガー(将軍γ役)
ミラーマン(戦闘機パイロットの声)※第23話

人形劇[編集]

ざわざわ森のがんこちゃんスペシャルショー(ボンボン)※特別出演
ひょっこりひょうたん島(バックミラー)
フラグルロックゴーボー・フラグル
プリンプリン物語(ボンボン、ゼロゼロセブン・ヘンナキブン、ルチ将軍)
紅孔雀コテモク、浮寝丸)

ラジオ[編集]

※はインターネット配信

レコパル音の仲間たちFM東京
明・めぐみのドリーム・ドリーム・パーティ文化放送
イクエと明のはなきんパーティー (ニッポン放送) - 榊原郁恵とダブルMC
XYZ Ryo's BarFM NACK5
神谷明のオールナイトニッポン≪金曜2部≫(ニッポン放送)
オールナイトニッポンスペシャル 仮面ライダー10号誕生記念・石森章太郎のオールナイトニッポン内のラジオドラマ『仮面ライダーZX』(村雨良 / 仮面ライダーZX
うきうきワイド こんにちワ神谷明ですTBSラジオ
小学生チャレンジ放送局(TBSラジオ)
ラジオ劇画傑作シリーズ少年の町ZF』(真庭典明)
オー!サンデー、ミッチとアキラの底抜け日曜拳銃(ニッポン放送)
ナデシコですから(ABCラジオ) - 山泉仙六 役
サイボーグ009(009 / 嶋村ジョー)
神谷明リターンズ!(2001年 - 2005年、AII※・ラジ@※)
神谷明ホットビートパーティー(2005年 - 、冴羽商事※)
神谷明 TALK!×3(2018年[90] - 、CBCラジオ

CD[編集]

インフェリウス惑星戦史外伝 CONDITION GREEN(フィリップ・エミット准将)
エンジェル・ハート ドラマCDブック(冴羽
究極超人あ〜るシリーズ(鳥坂先輩)
筋肉少女帯(筋肉少女帯と水木一郎)『221B戦記』(語り)
CDシアター ドラゴンクエストIII、Vカンダタパパス
CDドラマコレクションズ 三國志(馬超孟起)
ザ・キング・オブ・ファイターズ'94リョウ・サカザキ
シティーハンターシリーズ
シティーハンター ドラマテックマスター2(神谷のソロ曲および伊倉一恵とのデュエット・ミニドラマ収録)
シティーハンター ドラマCDブック 恐怖のエンジェルダスト編(冴羽
シティーハンター ドラマCDブック編 哀しい天使(冴羽
スーパーロボット大戦F(プレイステーション版)購入特典CD(神谷教官)
蒼天の拳 ドラマCDブック(霞拳志郎)
天外魔境シリーズ
天外魔境 風雲カブキ伝 オリジナル・サウンドトラック(劇中歌[永遠のサングエ])
CDドラマ 天外魔境(1) 風雲カブキ伝 アメリケン異聞 凱旋公開!カブキ伝顛末記(永遠のサングエ)
ドラマCD「ロックマン危機一髪」(ナレーター、スーパーメカザウルス)
はるか遠き国の物語アラム・ディーン
北斗の拳 ORIGINAL SONGS(「KEN -北斗星-」「荒野の風」) - 本人名義で収録
北斗の拳 ORIGINAL SONGS(「枯れた大地」)- ケンシロウ名義で収録
真冬の流れ星(1997年12月17日、WITH YOUとして)
未来放浪ガルディーン 大歌劇(ベリアル少佐)

レコード[編集]

旅人ひとり(中尾隆聖のコーラス入り)
Ohサンデー! 青春は日曜日(堀江美都子とのデュエット)
カム・オン・ドリーム / 今こそ(カップリングの「今こそ」はプリンプリン物語の挿入歌)
ミス・スニーカー
神谷明III まわり灯篭 青春の伝説<バラード>
神谷明...青春の抒情......夜明けのセーリング
ハートウォーカー(未来警察ウラシマン挿入歌)

CM[編集]

特記のない限りは、全てナレーションである。

ポピー超合金ポピニカ
ロート製薬 『薬用キャンパスリップほそみ』
キリンビール(現・キリンビバレッジ) 『キリンオレンジ』
オートバックス(1984年)
バンダイキン肉マン マッスルタッグマッチ』(1985年)- キン肉マン役
日本物産テラクレスタ』(1985年)
バップスーパーリアルベースボール』(1988年)
セガガンスターヒーローズ(メガドライブ)』(1993年)
バンプレスト第2次スーパーロボット大戦G』(1995年)
バンプレスト 『北斗の拳(セガ・サターン版)』(1995年)
バンプレスト 『全スーパーロボット大戦 電視大百科』(1998年) - 神谷教官 役(顔出し)
バンプレスト 『スーパーロボット大戦F(プレイステーション版) (1998年) - 神谷教官 役(顔出し)
バンプレスト 『スーパーロボット大戦F 完結編(プレイステーション版)』(1999年) - 神谷教官 役(顔出し)
バンプレスト 『スーパーロボット大戦α』(2000年)- 林原めぐみと共に
バンプレスト 『スーパーロボット大戦COMPACT for WonderSwanColor』(2001年) - 矢島晶子と共に
バンプレスト 『スーパーロボット大戦Scramble Commander』(2003年) - 三石琴乃と共に
すき家 『並盛299円の牛丼祭』(2008年11月末) - キン肉マン役
バンダイ 『バイオソードBOX』(1984年)
東映「Fist of the North Star 北斗の拳」ビデオ&LD』(1995年)
ホンダ 『スクーター DJ1』(1985年)
東京ドームシティアトラクションズ(旧後楽園ゆうえんち) (1985年 - 2010年) - スーパー戦隊ショー
マクドナルド 『サンキューセット』(1987年)
山形銀行
コミュファ中部電力KDDI系の光ファイバーインターネット)
PLランド - キン肉マンキャラクターショー
芝政ワールド (2007年夏)
西原物産
三菱自工サイクロンエンジンフェア』(1986年)
三菱自工 『ミニカ』(1992年3月)
ロッテ 『パンチアップ』(1980年代)
任天堂ゲームボーイウォーズ』(1991年)
任天堂 『カービィのピンボール』(1993年)
任天堂 『ワイルドトラックス』(1994年)
関西電力(1984年) - キン肉マン役
簸上清酒 『七冠馬』(2000年代)
大阪府遊技業協同組合
バンダイ 『ウルトラマン倶楽部 敵怪獣ヲ発見セヨ!』(1990年)
東洋水産 『カップ麺 マルちゃん 麺づくり』
小林製薬 『熱さまシート』
パイオニア 新作LDナレーション
アートネイチャー お手軽定額増毛パック『Mrping』- 千葉繁と共にナレーション(2014年)
映画『バクマン。』努力篇(2015年)[91]
DeNA 『キン肉マン マッスルショット』(2016年)[92]
ガンホー・オンライン・エンターテイメント 『パズドラ×キン肉マン』(2016年) - 冒頭のガンホーコールも担当。
スガイディノス札幌 閉店祭(2019年)
はま寿司 『大とろ祭り』(2019年6月)
はま寿司 『うに祭り』(2019年7月24日)
メルセデス・ベンツ日本 「メルセデス・ベンツAクラスセダン」車で心が震えた篇(2019年7月22日)
はま寿司 『かき祭り』(2019年9月12日)
はごろもフーズシーチキンチキン』(2019年9月26日) - WebCM、にわとり役[93]

その他[編集]

劇場版 電撃戦隊チェンジマン予告編(ナレーション)
聖飢魔II BACK STAGE OF 聖飢魔II〜ウラビデオ〜(ナレーション)
電気グルーヴ『Cafe de 鬼(顔と科学)』PV(次回予告ナレーション)
2003年阪神タイガース セ・リーグ優勝記念セール(イオン
マクドナルド ハッピーセットのおもちゃ 蝶ネクタイ型変声機(毛利小五郎)
松井常松『DIVINATIONS』(ナレーション)
講談社ビデオ 黒沢元治のAT車運転テクニック(ナレーション)
ベストモータリング(ナレーション、1989年〜2005年6月号まで)
Daydream Tripper(冴羽の台詞)
東映ビデオ(作品紹介ナレーション)
超光戦士シャンゼリオン
パワーレンジャー
ケータイバンチの着ボイス(霞拳志郎)
メロディコールのボイス(過去に歌った曲と、ケンシロウと冴羽のメロディコール専用のオリジナル台詞)
オリックス・バファローズスタジアムアナウンス(2012年7月29日日本ハムファイターズ戦にて)
趣味どきっ!「一声入魂!アニメ声優塾」(2015年、NHK Eテレ) - 第5回講師
タカアンドトシの道路バラエティ!? バスドラ(テレビ朝日、2015年5月26日)-『むりやり同窓CAR(第2弾)』に、難波圭一堀川りょう金田朋子と共に出演
はま寿司
大とろ祭り(ナレーション、2019年6月13日 - )
タッチパネルの声(2019年6月13日 - )
キン肉マン連載40周年記念 ストップムービー(スペシャルボイス、2019年6月16日)

脚注[編集]

注釈[編集]

出典:Wikipedia
2020/02/20 13:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant