サービス終了のお知らせ
神聖ローマ皇帝
▼人気記事ランキング
2.帝権の変遷
2.1.カール大帝の戴冠とオットー大帝による帝権の復活
800年のカール大帝の戴冠により、フランク人の王権がカトリック教会と結びついた皇帝が出現した(フランク・ローマ皇帝)。しかしこの皇帝権は帝国(フランク王国)の分裂とともに実質的にはイタリア王権にまで縮小し、10世紀初頭には早くも消滅した。962年に東フランク(現在のドイツ)の王オットー1世がイタリア王を兼ねた上でローマ皇帝に戴冠し、東フランク(現在のドイツ)・イタリアに支配権を及ぼす皇帝権が復活した。皇帝は後にブルグント王をも兼ねた。この皇帝権はフランス王権に対して支配を及ぼすことはできなかったが、優位を保つことはできた。

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(2.2.三王朝時代)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/30 22:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/18 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位水野朝陽
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant