サービス終了のお知らせ
神戸高速鉄道
▼人気記事ランキング
1.概要
1.1.東西線・南北線の建設による市街地交通の改良
まず、神戸市街地において、戦後復興計画として神戸市電が担っていた市街地輸送の高速化・大容量化を、神戸市外と神戸市街地とをつないでいた民間鉄道会社4社(京阪神急行電鉄〈現:阪急電鉄〉・阪神電気鉄道山陽電気鉄道・神戸電気鉄道〈神鉄。現:神戸電鉄〉)を活用して実現したい神戸市側の思惑と、戦前に神戸市中心部(湊川公園附近)に路線を延伸したかった民間鉄道会社側の思惑[注釈 1]とを両立させる形で、1958年に、神戸市が40%、乗り入れ4社(京阪神急行・阪神・山陽・神鉄)が合計40%出資する第三セクターの鉄道会社として神戸高速鉄道は設立された。

1968年に「東西線」「南北線」が完成し、鉄道事業を開始した[注釈 2]線路のみを保有・自社経営し、車両は自社所有せずに京阪神急行・阪神・山陽・神鉄から乗り入れてきた車両を乗務員もそのまま通行させるという、当時珍しいスタイルの鉄道会社であり、かつ線区の大半がトンネルでもあることから「トンネル会社」と呼ばれることもあった[4][注釈 3]

今日、神戸高速線と比較されることが多い神戸市営地下鉄山手線は当時具体化した計画はなく、また当時の国鉄山陽本線(現:JR神戸線神戸駅以西)は長距離輸送の色が強い路線であり(当時山陽新幹線はまだ開業していなかった)、神戸市内輸送においては今ほどの存在感を示せていなかったので、当路線の開業は市街地輸送の改良に大いに貢献した。営業キロは10km程度であったが、準大手私鉄に位置付けられていた。

[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(1.2.施設保有による経営支援を通じた交通インフラの整備実現)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/18 01:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/24 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位AV女優
 4位住吉会
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant