森田一義アワー 笑っていいとも!
▼人気記事ランキング
6.放送事故・事件・ハプニング・現象
6.1.事件・ハプニング
1984年2月17日、番組の生放送中に突然スタジオ内に火のついていない発煙筒が投げ込まれる事件があった。投げ込んだのは右翼系政治結社「正氣塾」の未成年メンバーで、建造物侵入及び威力業務妨害の罪で警視庁現行犯逮捕された[103]
1993年9月13日に、伊集院光が自身のラジオ番組(伊集院光のOh!デカナイト)の1コーナーで20日のテレホンショッキングのゲストのもとに大量の電報が届くという予言(という名目のリスナーへの煽り)を放送した為、20日のゲスト、本田博太郎の元に「電話帳にして4冊分」という大量の電報がリスナーの手によって届いてしまった(通常ゲストに届くのは数通程度)。しかし、本田の娘が伊集院のラジオリスナーであったことや、本田自身が、洒落がわかる人間であったため、批判はなく、後日、伊集院の番組で本田を称える放送を行った。
2003年6月4日、「ドリームズカムチャイルド」のコーナーで、当時4歳の女児が登場し挨拶。素人参加が前提とされる企画でありながら、「キリンプロの田澤有里朱(たざわありす)です」と、所属事務所名を付けて自己紹介をしてしまった。その直後に、同コーナーでの出番を終えてセット脇に座っていた男児(当時5歳)が突然に「ママがね、(所属事務所の名前を)言っちゃダメって言ってるのに間違えて言った」と話し始め、事務所を介した仕込みでの参加であることを意図せず暴露してしまった。出演者のフォローもあって問題なくコーナーは進行したが、タモリは「夢はさかなクンになること」と語った田澤にハコフグの帽子を被せながら「今日から君はハコフグプロだ」と呟いたり、コーナー終わりのCM前に「さあ来週はどこの事務所かな?」と皮肉交じりのイジリ発言を繰り返した。
2005年9月21日の放送で、タモリと山崎邦正のトーク中に観客席の男性が突然「『いいとも!』が年内に終了するって、ほんとなんですかね?」と割って入るハプニングがあった。CMが終わると既に男性の姿はなく、その席にはタモリのアドリブで小さな白いぬいぐるみがポツンと置かれていた。それ以降、不適切な発言者の席にぬいぐるみを置くというのがバラエティ番組の定番になった[104]
1988年7月1日の放送にてタモリが酔っ払った状態で出演し、オープニングの歌唱で暴走し、コーナーではふらつきながら進行していた。また、当時の金曜レギュラーである明石家さんまに酷く注意されていた。
酔っ払った原因は、1988年7月16日に放送された「FNSスーパースペシャル 1億人のテレビ夢列島’88」の司会をさんまが断ったことに関して、タモリが親交が深いさんまに「裏切られた」という勘違いにより三日三晩酔っ払い続け、当日の放送も酔っ払ったまま出演したことである。
経緯として、フジテレビのスタッフがタモリに夢列島の司会交渉をする際、さんまに出演オファーをしていない状態で「さんまも司会をする」と伝え、タモリは快諾した。後日、さんまに交渉したところ「第一回放送内容を超えられない」という理由で司会を辞退した。タモリはさんまに当初オファーしていなかったことを聞かされていないまま、さんまが司会を辞退したと耳に入り、理由を聞く為、深夜に酔った状態でさんまに電話をした。しかし自宅ではなくさんまの個人事務所「オフィス事務所」に電話を掛けた為、事務所に寝泊まりしていた村上ショージが応答し、夜中に電話があったことで、タモリ本人とは思わず、タモリを名乗ったイタズラ電話だと思い込み、電話相手のタモリ本人に激怒してしまった。そのことがタモリを勘違いさせる一因となり、三日三晩酔い続けたとさんまとタモリは語っている。
後日、さんまはタモリに理由を話し、お詫びしている。[105]
[4]前ページ
(6.放送事故・事件・ハプニング・現象)
[6]次ページ
(6.2.現象)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/12 18:01
ソ人気記事ランキング
2019/10/15 更新
 1位日本
 2位令和元年台風第19号
 3位ジョンベネ殺害事件
 4位10月14日
 5位正木裕美
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant