新東名高速道路
▼人気記事ランキング
3.歴史
3.4.開通後
第二東名としては1998年(平成10年)3月に名古屋南IC - 東海IC間が最も早く開通したが、この区間は名古屋都市圏の幹線道路網構築を優先するとの意味から[82]当面は「伊勢湾岸自動車道」を称することになり[62]、2005年(平成17年)3月までにこの路線名で豊田東JCT - 東海IC間(西は四日市JCTまで)が全通している[80]

一方、伊勢湾岸自動車道を除いた区間としては、2012年(平成24年)4月に御殿場JCT - 三ヶ日JCT間(162 km)が施工命令から18年5か月を費やして開通した[81]。今回開通により、東名において行なわれていた改修工事について、新東名への迂回路が完成したことで長期規制を伴う大規模老朽化対策工事[82]の実施が可能となった。これまでは工事期間を限定した集中工事方式を採用せざるを得なかったが、それも今回開通によって資材搬入や施工範囲に制限がない重点的な工事が出来ることになった[83]。そして、今回開通区間は東名の由比ヶ浜における台風、高潮における通行止めの際の代替ルートを担うことが特徴となっている[84][51]

2016年(平成28年)2月には浜松いなさJCT - 豊田東JCT間(55.2 km)が延伸開通して伊勢湾岸自動車道と接続された[85]。当該区間は暫定4車線(完成時6車線)で整備された[86]。開通から1週間のデータでは、並行する東名の渋滞発生回数が前年同月では13回であったものが開通後は発生せず、ダブルネットワークの効果が早速現れた[87]

2018年(平成30年)1月には神奈川県内としては最初の供用区間となる海老名南JCT - 厚木南IC間(1.5 km)が開通した[88]。僅か1.5 kmの距離であるため、4車線(暫定形で用地は6車線確保済)では車線変更が伴うため、今回は片側1車線の運用とした[89]。施工命令を受けている区間としては、新東名にとって海老名南JCTが当面の起点となる[89]

[4]前ページ
(3.3.国幹道法改正以後)
[6]次ページ
(3.5.年表)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/15 09:30
ソ人気記事ランキング
2018/10/17 更新
 1位日本
 2位今日から俺は!!
 3位ドリフ大爆笑のコント
 4位10月16日
 5位AV女優一覧 あ行
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant