サービス終了のお知らせ
新著聞集
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
新著聞集(しんちょもんじゅう)は、寛延2年(1749年)に刊行された日本説話集である。各地の奇談・珍談・旧事・遺聞を集めている。8冊18篇377話。書名は鎌倉時代の説話集『古今著聞集』にならっており、先行する説話集『古今犬著聞集』・『続著聞集』との関連が深い。
著者名は記されておらず不詳[1]とされていたが、森銑三の指摘により紀州藩士の学者・神谷養勇軒が藩主の命令によって著したことが定説となっている。しかし『新著聞集』の内容は、俳諧師・椋梨一雪による説話集『続著聞集』を再編集したもので、正確に言うと神谷養勇軒は編者であると考えられる。
目次
1.概要
2.脚注
3.参考文献
4.関連項目

1. 『日本随筆大成』第2期第3巻 日本随筆大成刊行会 1928年 2頁

出典:Wikipedia
2015/05/29 11:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant