サービス終了のお知らせ
新人類
▼人気記事ランキング
概要
新人類(しんじんるい)とは、栗本慎一郎が作り出した造語[1]で、1980年代に用いられた。1979年頃からテレビラジオ、大衆週刊誌などのマスメディアでも広く使われ、当時の若者を「従来とは異なった感性価値観、行動規範を持っている」と規定し、否定的にも肯定的にも(要するに、都合良く)扱った。また、現在では後節のようにマーケティング上の世代区分の名称としても使用されている。

概要[編集]

この用語は、インベーダーゲームや大学入試における共通一次試験などに象徴される、それ以前の時代とは違う画一化社会に迎合し、無気力的傾向のある若者をアイロニーを込めて命名したものだが、ビジネス分野において、1984年、これら若者が新社会人層を形成する時期となったことで、マーケティング情報誌の『アクロス』(パルコ刊)が職業人としてのこれら若者を取り上げた[2]。また、同年には筑紫哲也が10代から20代の若者との対談を行う企画「新人類の旗手たち」が、『朝日ジャーナル』に連載された。そこでは新人類の「気分・思想・哲学」を探ることが試みられたが、「新人類」という用語が認知される一助となった。「新人類」は、1986年新語・流行語大賞に選出されている。大林宣彦は「『新人類』という言葉は、PFFかわなかのぶひろが、手塚眞今関あきよしのことを言ったのが始まり」と述べている[3]

広義には当時の若者全体を指して使われるようにもなり、1980年代半ばに入社してきた当時の新入社員を指して当時の管理職(世代的には焼け跡世代に相当)が、「一風変わった若者 = 新人類」と呼んだ[4]。ただし、当時の若者を漠然とさしていたため、明確な世代区分はなく、しかも現在では若者のことを新人類とは呼ぶことはなく、死語となってしまったが、マーケティングにおけるセグメンテーションでは現在でも世代名として用いられており、「1961年から1970年生まれ」(人口規模 1,690万人[5])と定義されることが多い[6][7][8][9]後節参照)。

「新人類」と呼ばれた人物[編集]

学界・言論界では中森明夫野々村文宏田口賢司浅田彰(当時京都大学人文科学研究所助手)など。芸能界では泉麻人秋元康石橋貴明松田聖子小泉今日子など。野球界では、当時の西武ライオンズの選手が、ファッションや言動などこれまでの球界の常識を打ち破り、当時在籍していた工藤公康渡辺久信清原和博が代表的な存在。

1980年代、「新人類」としてマスコミによって取り上げられていた代表的な人物として、いずれも1956年から1967年生まれである、秋元康尾崎豊北尾光司石橋貴明清原和博戸川純いとうせいこうみうらじゅんなどが挙げられる。また、社会学者稲増龍夫(1952年生まれ)は当時、これら「新人類に」対する発言を多く行っており、これもきっかけとなって当時希少であった社会心理学の観点からの現代芸能風俗研究の専門家としてマスコミから重用され、首都圏キー局の芸能情報番組などでのコメンテーターとしてのメディア露出が増えた。

前述の朝日ジャーナルの連載『新人類の旗手たち』(後に、『新人類図鑑』[10]として単行本化)に登場したのは、以下の人物であった。

『新人類図鑑』PART1に掲載
遠藤雅伸(ゲーム・デザイナー、1959年生まれ)
中森明夫(エディター、1960年生まれ)
小曽根真(ピアニスト、1961年生まれ)
木佐貫那子(ダンサー)
原律子(漫画家、1962年生まれ)
吉川洋一郎(作曲家、1957年生まれ)
原田大三郎(テクノ・アーティスト、1956年生まれ)
甲田益也子(ファッション・モデル、1960年生まれ)
川西蘭(作家、1960年生まれ)
加藤かおる(島の先生、シンガーソングライター)
高見裕一(リサイクル運動家、1956年生まれ)
李泰栄(CM ディレクター、1955年生まれ)
辻元清美(国会議員、1960年生まれ)
三好和義(写真家、1958年生まれ)
安西英明(バード・レンジャー、1956年生まれ)
三上晴子(オブジェ・アーティスト、1961年生まれ)
泉麻人(コラムニスト、1956年生まれ)
『新人類図鑑』PART2に掲載
北村信彦(デザイナー、1962年生まれ)
高野生、高野大(『ヒストリーズラン』編集部)
野々村文宏(テクノ・コラムニスト、1961年生まれ)
川村毅(劇作家、1959年生まれ)
萬處雅子(トライアスリート)
小野寺紳(謎々プログラマー、1959年生まれ)
今井アレキサンドル(環境アーティスト)
桜井さとみ(イラストレーター)
樋口尚文(映画批評家、1962年生まれ)
結城恭介(作家、1964年生まれ)
秋元康(作詞家、1956年生まれ)
滝田洋二郎(映画監督、1955年生まれ)
藤原ヒロシ(リミキサー、1964年生まれ)
西和彦(エンジニア、1956年生まれ)
洞口依子(女優、1965年生まれ)
平田オリザ (学生(のち劇作家)、1962年生まれ)

新人類 (世代)[編集]

新人類は、概要「新人類」と呼ばれた人物に書かれている通り、1950年代後半から1960年代前半[11]1950年代後半から1964年[12]に生まれた世代を指す場合が多かったが明確に定義されていたわけではなく、現在新人類を明確に定義しているものとしてマーケティング上の世代区分があり、1961年生まれから1970年生まれまでと定義されることが多い。また、「新人類世代」とも呼ばれる[13]。1960年代前半生まれは共通一次試験を初めて経験した、「共通一次世代」とも重なる。

特徴[編集]

成熟した成人として、社会を構成する一員の自覚と責任を引き受けることを拒否し、社会そのものが一つのフィクション(物語)であるという立場をとるとされた。音楽でもテクノポップの流行など、社会的にも無機質な変容が感じられた時代に、高尚な哲学や思想を語ることも、一種のファッションとしての地位を得た。一方、評論家の竹熊健太郎は、オタクと新人類は同一のものであり、「同じ人格類型のバリエーション」であると唱えている。

新人類世代の共有体験は、受験勉強以外にも、テレビ番組や漫画・アニメ、ロックテクノポップ洋楽などといったサブカルチャーの体験を特徴とする。1980年代は「ネクラ」「ネアカ」という言葉が流行り、社交的で軽く明るい性質が賞賛される傾向が強くなったが、新人類が生み出した若者文化は「ネアカ」志向であった。フォークソングは湿っぽいとして廃れ始め、ロック音楽が流行り、ヘヴィメタルが台頭し始めた。

新人類が子育ての時期に入った1990年代は教育不信や公務員不信のムードが強まり、一部の親は学校社会において「モンスターペアレント問題」などを引き起こした。大都市圏を中心に、子供を中学受験させて、私立の中高一貫校に行かせる傾向がさらに強まった。

親子の葛藤は少ないというのも特徴の一つである。親子間の文化の壁が小さく、いわゆる「友達親子」(一卵性母娘)型家族が増えたのもこの世代の特徴である[14]

脚注[編集]

関連項目[編集]

ポストモダン
ジェネレーションX(新人類のアメリカ版)
しらけ世代
バブル世代
氷河期世代

関連書籍[編集]

若者たちの神々』1〜4(筑紫哲也編、朝日新聞社、1984年〜1985年) - 1984年から1985年の若者たちの“神々(20-40代)”50人との対談集。
若者たちの大神』(筑紫哲也編、朝日新聞社、1987年) - 1986年から1987年の若者たちの“大神(50代以上)”22人との対談集。
『元気印の女たち』(筑紫哲也編著、すずさわ書店、1987年) - 39人の活躍する女性たちとの対談集。
『「新人類」なんて言わせない』(リクルート出版編、1987年1月 ) - 副題は【明日の主役カタログ】。“「若者たちの神々」の次の世代”の20人が、それぞれの 考え方・思うところ を述べる。

外部リンク[編集]

Tirom「新人類世代の現在」
出典:Wikipedia
2020/02/26 16:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant