サービス終了のお知らせ
新やじきた道中記
▼人気記事ランキング
概要
新やじきた道中記』(しんやじきたどうちゅうき)は、長谷川町子による日本漫画。『週刊朝日』(朝日新聞社(現・朝日新聞出版))にて、1951年11月4日号から1952年12月28日号まで連載された。『東海道中膝栗毛』のパロディー。また、朝日文庫から発売された、文庫版収録以外に、『町子たんぺん傑作集』および『エプロンおばさん』第4巻にも収録されている。姉妹社版の単行本は一時絶版したが後に復刊した。

登場人物について[編集]

主人公は、やじきたの2人。旅先でいろいろな騒動を巻き起こす。なお、2人の細かな人物設定はないが、体型は、やじさんが小太りで、きたさんはやせている。旅の目的はお伊勢参りでなく、大阪まで遊びに行くと、原作と異なる。
旅の途中で、サザエさん一家が出てくる。やじきたの2人が騙されそうになったとき、通りがかったサザエが2人を助け、磯野家に招待される。その後サザエは絵の修行で京都に行くため、やじきたと一緒に旅をする。途中で2人がおバカな行為をしたため、サザエは激昂し、さっさと追いすがる2人を振り切り単独旅にしてしまう。

主な宿場での出来事[編集]

小田原の宿 - 小田原で正月を迎え、小遣い稼ぎで、万歳屋を行う。 
まりこの宿 - 金を盗られ宿で働くことになる。
濱松の宿 - 2人で買った富くじで、100両を手にする。
おかざきの宿 - やじきたの2人が、サザエさんの前で下品な行動をとり、サザエは一緒の旅をやめる。
宮の宿 - ひょんなことから、やくざの秋風の立五郎の子分になる。

映画 『新やじきた道中』[編集]

1952年大映で本作が映画化された。2人とも妻から逃げるために旅立ったり、基点が大阪で旅の道のりが反対といった原作との違いがあるが、オープニングには長谷川の絵が使われている。しかし、出発地であるはずの大阪で、巫女の江利チエミが「大江戸八百八町」という歌詞で歌っており、地域性は細かくは設定されていない。

ストーリー[編集]

富くじで100両があたった弥次郎兵衛と喜多八だが、100両をなくして身投げをしようとした手代に、100両を渡してしまう。

妻たちに怒られた2人は江戸に向かって旅をすることになる。なお、誤解が解けた妻たちも鳥追い女となり、2人を追いかける旅に出る。

一行はとある宿屋で出会うが、妻たちがまだ怒っていると思ったふたりは、浪人の扮装をして逃げ出す。そのため、村の山賊・狸の退治によばれた剣豪たちと間違われ、2人は逃げ出すも迷い込んだ廃寺で狸に遭遇、狸のお化けに化かされ気絶する、気づくと迷い込んだ妻とともに山賊に囚われ、狸の正体も山賊である事を知ると、逆に「笑いたけの粉末」で山賊たちをたおし、妻たちとも和解する。旅の途中で、大阪に帰ることになる。

スタッフ[編集]

監督: 森一生
脚本: 民門敏雄
企画: 菅沼完二
撮影: 牧田行正
美術: 川村鬼世志
音楽: 三木鶏郎

キャスト[編集]

弥次郎兵衛(大阪の大工職人): 花菱アチャコ 
喜多八(大阪の大工職人): 横山エンタツ
おふく(弥次の女房): 清川虹子
おやす(喜多の女房): 丹下キヨ子
富くじの巫女: 江利チエミ
旅先の噺家圓馬: 三遊亭圓馬
朴庵(旅先の医師): 伴淳三郎
荒木武藏(偽剣豪): 澤村國太郎
宮本叉衛門(偽剣豪):寺島雄作
鈴鹿の権右衛門(山賊): 横尾泥海男
伝助(二人に富くじを薦める鳶の男):上田寛
女中おきみ:大美輝子
お蝶(女すり):正木隆子
亭主八兵衛(宿の亭主):東良之助
浪人沙汰九郎(お蝶を使う悪人):堀北幸夫

外部リンク[編集]

長谷川町子美術館の公式サイト
出典:Wikipedia
2020/02/22 08:32
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant