心不全
▼人気記事ランキング
6.その他
病理学上「心不全」は「心臓の機能が不十分である」という意味でしかない。このため終末期状態としての心不全は死亡診断書直接死因としては認められず、通常は病理学上の実際の死因(つまりいかなる疾患や症状が心不全・心拍呼吸停止に至らせたのか)が記載される。

しかし著名人の死においては、死亡当初は急性心不全として公表されながらも、後になって遺族や関係者などから実際には自殺や薬物過剰摂取による事故死だったという事実が明かされる例が時折見られる[5][6]。またかつては、急死した者の死因がなかなか特定しにくい場合、時間上の制約から検死報告書などに便宜上「急性心不全」と記載することが時折見られた[7][8]角界を揺るがせた時津風部屋力士暴行死事件の際にこれが大きな問題となったことがある。

[4]前ページ
(5.予後)
[6]次ページ
(8.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/06/05 20:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/19 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 4位千と千尋の神隠し
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant