サービス終了のお知らせ
信号 (電気工学)
▼人気記事ランキング
2.離散時間信号と連続時間信号
信号の値が離散的(ばらばらな)時間についてのみ定義されている場合、これを離散時間信号という。離散時間の実数(または複素数)信号は、整数の集合から実数(または複素数)の集合への関数と見ることができる。

一方、連続時間の実数(または複素数)信号は、ある区間(通常、無限の区間)における全ての時間 t について定義されている実数値(または複素数値)関数 (数学)ということができる。

[4]前ページ
(1.いくつかの定義)
[6]次ページ
(3.アナログ信号とデジタル信号)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/14 21:01
ソ人気記事ランキング
2020/02/23 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位第二次世界大戦
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant