信教の自由
▼人気記事ランキング
1.経緯
西欧諸国では信教の自由は教会権力からの人間精神の解放を求める闘いの結果として確立された歴史があり、それは精神的自由そのものの希求として近代の自由権確立の原動力となった[2]。このような背景から近代憲法はほぼ例外なく信教の自由を保障する規定を盛り込んでいる[2]

信教の自由を保障した法典の例として以下のようなものがある。

ミラノ勅令
マグナ・カルタ
ワルシャワ連盟協約
ルドルフ2世の勅書
ギュルハネ勅令
アメリカ合衆国憲法
修正条項第一条 連邦議会は、国教を樹立し、あるいは信教上の自由な行為を禁止する法律、または言論あるいは出版の自由を制限し、または人民が平穏に集会し、また苦痛の救済を求めるため政府に請願する権利を侵す法律を制定してはならない。
世界人権宣言
第18条 すべて人は、思想、良心及び宗教の自由に対する権利を有する。この権利は、宗教又は信念を変更する自由並びに単独で又は他の者と共同して、公的に又は私的に、布教、行事、礼拝及び儀式によって宗教又は信念を表明する自由を含む。
市民的及び政治的権利に関する国際規約
第18条 すべての者は、思想、良心及び宗教の自由についての権利を有する。この権利には、自ら選択する宗教又は信念を受け入れ又は有する自由並びに、単独で又は他の者と共同して及び公に又は私的に、礼拝、儀式、行事及び教導によってその宗教又は信念を表明する自由を含む。
以上には人間と市民の権利の宣言が含まれていない。公的秩序に制限される分、保障が弱いため。ルイ16世フォンテーヌブローの勅令を廃しているが、フランス革命で彼が処刑されているという宣言の成立経緯には注意を要する。

[6]次ページ
(2.内容)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/20 10:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/22 更新
 1位日本
 2位逆鉾昭廣
 3位9月21日
 4位清須会議 (小説)
 5位プレーオフ
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant