▼人気記事ランキング
6.文化における色
6.4.商業における色
日本では、JAPAN FASHION COLOR ASSOCIATION (JAFCA)が毎年流行色を決めている。

自動車[編集]


自動車の外板色の好みには、その土地の気候風土文化が関わっており、自動車メーカーでは仕向地ごとの色の設定や生産割合を細かく決めている。近年はグローバル化が進んで均されて来てはいるが、地域的な差は高級車では少なく、大衆車で顕著であった。車種やカテゴリによっても傾向に違いはあるが、各仕向地の大まかな嗜好としては、

北米 - 濃色、淡色を問わずメタリックが好まれ、赤や黄色などのソリッドカラーも常に一定の需要がある。日欧のメーカーは、自国内向けに設定が無い場合でも、北米向けには濃緑、濃赤、濃茶、水色、ベージュ、シャンパンゴールドなどを設定してきた。また、数は少ないが、ソリッドピンクに代表される、突飛なビバリーヒルズカラーの存在も特徴である。
欧州 - 近年はグローバル化で地域的な特徴は薄れつつあるが、以前は大衆車を中心に、鮮やかなものから渋い色合いまで、多様なソリッドカラーが用いられていた。
オーストラリア中東 - SUVクロスカントリーカー、ピックアップトラックを中心にサンドベージュと白が好まれ、中東にはオプションフロントグリルエンブレムバッジ)にゴールド調めっきのものが用意されていることも特徴である。
日本 - クラスやカテゴリの別無く白の需要が高い。
自動車業界では自動車メーカーの都合や広告代理店の仕掛け、塗料メーカーの技術開発などで、外板色の流行が繰り返されてきた。日本の販売統計(発売後のプレスリリースには、購入層別、グレード別などの他、色別の販売台数比率も掲載されている。)では、バブル期などの好景気にはパール、濃色系のマイカやメタリック、鮮やかなソリッドカラーを中心に非常に多様となり、ツートーンカラーの設定も多いが、不景気になると白と銀(灰色系メタリック)に偏る傾向があり、メーカーも白、銀、紺などに色数を絞る。この時期にはスポーツカーなどの趣味性が強く、特徴的な色が設定されることの多い車種も、生産を減らすか、廃止に追いやられる場合が多い。一方、軽自動車コンパクトカーのうち、可処分所得の高い女性層に向けた車種では、景気動向に影響されながらも(色の追加と廃止を頻繁に繰り返し、全体の色数を減らしてコストを抑える)多様な外板色が設定されている。

塗料としての性質は、カーボンを含む黒は耐久性・耐候性に優れ、焼付け時の熱吸収が良く、乾燥・硬化が速い(フォード・モデルTを参照)。顔料の粒子が大きい白はそれに次ぐ耐久性・耐候性を持つ。隠蔽力もこの順に高く、ソリッドカラーの場合、これらの色は低コストでもあり、公用車や社用車、商用車にこれらの色が多い理由にもなっている。ハイソカーブームで人気となったスーパーホワイトは、当初高額車のみに設定されていた。この場合専用の白い下地塗料を用意する必要はあるが、車両価格に対し、塗料と塗装のコストの割合は低くなり、利益率が増す。

逆に黄、橙、赤は隠蔽力が低く、発色を良くする場合には専用のサーフェーサーを用いる。これらの色は耐候性も低く、退色が目立ちやすい。

鉄道[編集]


ユニバーサルデザインの一環として、鉄道路線ごとに色を分けたラインカラーの導入が増えている。

車体色はその鉄道会社を表すものであったが、維持コスト低減に有利なステンレス車両の普及やアルミ車両の無塗装化が進み、多くの車両がフィルム帯を貼付けるのみとなっている。この帯色はラインカラーの表示を兼ねる場合もある。

玩具[編集]


玩具業界では、黒い玩具は売れない、と言われていたが、ダッコちゃん人形がそれを覆した。
コンシューマーゲーム業界では、黒の据え置きハードは売れないと言われていたが、PlayStation 2がそれを覆した。
レゴブロックは、子供が兵器を模して遊ばないようにと、迷彩色に多い緑のブロックを極力作らなかった[31]

企業・大学・音楽グループ[編集]


企業や団体等の組織を象徴する色をコーポレートカラーと言う。大学(その他学校法人)を象徴する色をスクールカラーと言う。音楽活動を行うグループの個々に定義づけられた色のことをメンバーカラーと言う。

[4]前ページ
(6.3.政治における色)
[6]次ページ
(7.色・色名一覧)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/12 19:00
ソ人気記事ランキング
2019/09/19 更新
 1位日本
 2位熊谷連続殺人事件
 3位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 4位9月18日
 5位凪沢怜奈
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant