色覚異常
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
色覚異常(しきかくいじょう)とは、ヒトの色覚が正常色覚ではない事を示す診断名である。「色盲」などとも呼ばれる。2017年9月から日本遺伝学会により「色覚多様性」という呼称が提唱されている[1]。正常色覚とされる範囲は、眼科学によって定義される。要因が先天性である場合を先天性色覚異常、後天性である場合を後天性色覚異常と分類する。先天性色覚異常を持つ人は、日本においては男性で約5%、女性で約0.2%の割合であるが、フランス北欧では男性で約10%、女性で約0.5%であり、アフリカ系の人では2-4%程度である[2]
目次
1.先天色覚異常の分類
├1.1.1色覚
├1.2.先天赤緑色覚異常
├1.3.青黄色覚異常
└1.4.先天色覚異常の分類のまとめ
2.後天色覚異常の分類
3.検査・評価
├3.1.仮性同色表
├3.2.アノマロスコープ
└3.3.パネルD-15テスト
4.症状
5.社会生活
├5.1.強制検査
├5.2.大学への入学制限
├5.3.会社への就職制限
├5.4.職種の制限
└5.5.徴兵検査
6.対応
├6.1.デザイン・ウェブサイト
├6.2.交通信号機
└6.3.電子機器
7.治療
8.注・出典
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/11/25 17:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/07 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 b
 4位HR 8799 d
 5位ガイナックス
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant