サービス終了のお知らせ
植民地
▼人気記事ランキング
1.総論
1.14.植民地支配に対する評価
かつては法的にも道義的にも問題ないとするのが常識であったが、現代においては1960年国際連合総会で決議された植民地独立付与宣言などに見られるように、植民地支配は被害、搾取の時代として否定されるのが世界的傾向である。

旧宗主国側では、近代化という恩恵を後進地域にもたらした善行であるという評価がなされる場合もある。一方で、「部外者による発展」より「民族の独立」そのものに重きを置く価値観から、こうした「恩恵説」に対する反発も存在する。また、植民地支配の便宜を図るための共同体の解体や文化の破壊、言語の空白化を重視する思潮もある(ポストコロニアリズム参照)。

[4]前ページ
(1.13.事実上の植民地)
[6]次ページ
(2.1.ヨーロッパ諸国)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/04 08:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant