サービス終了のお知らせ
泉谷しげる
▼人気記事ランキング
10.その他
しばしば政治的批判を述べることがあり、日本国内の問題だけにとどまらず、中国韓国 [18]北朝鮮[19]へも辛らつな発言を行うことがある。泉谷は国家同士は政治的に対立してもエンターテインメントやスポーツに携わる人間は、「皆で仲良くしようよ」というべきと主張し、そうした立場の人間が争いを助長してはいけないとも述べている[20]
2004年、厚生労働省作成の「虐待から子供を守るための5カ条」のポスターに、「許せねえ、児童虐待」とのキャッチコピーとともに登場。
桑田佳祐とはかつてはたびたびテレビやイベントなどで共演したりしており、現在も毒舌を交えながらも才能を認め合う発言などを共にしている。
2007年3月、ニューギン社より発売のパチンコ台「CR泉谷しげるの座頭市物語」の中で座頭市に扮する。渋い演出でパチンコ台としてはロングヒットとなった。
地域活性化をテーマにしたネット動画放送「泉谷しげるのコラコラ放送局」を、女優の小島可奈子とともに配信している。
映画監督押井守のファンだといい、特に好きな作品は『イノセンス』と『アヴァロン』。
下戸で、酒を呑むとすぐに顔が赤くなり眠くなる体質。
歌唱中に客席に向かって「おい! 手拍子してんじゃねえ、誰が頼んだ!」と怒鳴るのが定番である[21]
2014年、若いころの自作と向き合ってきた結果、「自殺のすすめ」と「先天性欲情魔」の2曲についての著作権を永久に廃棄したいと希望。「嫌いな歌をイヤイヤ歌ってもな〜若気のいたりは観る者聞く人に不快と苦痛?を与えるだけだし付き合わせるだけ時間のムダ!」とブログでコメントしている。
暴れん坊キャラクター故に時折トラブルを起こすこともある[22]
破天荒なキャラクターとは裏腹に、作詞の能力は詩人の域である。シリアスでインテリジェンスな世界すら構築できる、類稀なソングライターである。
武田鉄矢ら「海援隊」に上京するよう勧めたのは泉谷である。武田鉄矢著の「ふられ虫の唄」によると、地元活動に拘る武田らが「お前ら東京へ来いよ、レコード会社はエレックだ。」「おい!お前ら!そんなに俺が信用出来んのか!」と一喝されたという記載がある。
子供の頃ポリオウイルスに感染し、その後遺症で足が不自由。
「もういい歳になった。暴れるためには健康でなければならない」とし、自らの楽曲「春夏秋冬」を引き合いに出して季節の旬の野菜を使用した料理を作って食べるようになり、バラエティ番組などで料理の腕前を披露し、2016年にはキッチンライブイベントで実演するほどの腕前となった[23]
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/24 15:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant