戦国時代 (日本)
▼人気記事ランキング
5.明応の政変から信長登場前夜まで
この明応の政変とは、いわば将軍である足利義材足利義視の子)を追放し清晃(足利義澄)を将軍としたことだったのだが、これに対して足利義材は政元の元を逃れて地方へと落ち延び、近畿諸国は足利義材派と足利義澄派(細川政元派)と分かれることとなった。細川家もまた、専横を振るった細川政元香西元長薬師寺長忠らによって1507年に暗殺され(永正の錯乱)、政元の養子3人の内、細川澄之細川高国に討たれ、細川澄元派と高国派の2派に分かれて抗争することとなった。この間隙を突いて1509年周防国大内義興が前将軍・足利義尹(よしただ。元の足利義材、後に足利義稙と再度改名)を奉じて上京した。高国は大内義興と組んで義尹を支持すると、澄元は義澄を支持し対立。1511年に義澄が死ぬと、澄元方が劣勢となり、澄元は何度か京と四国を往復するが結果的には権力を奪えず1520年に阿波で死んだ。
1521年 細川高国、足利義稙を追放し足利義晴(足利義澄の子)を将軍に迎える。
1526年 細川晴元(澄元の子)及び足利義維を奉ずる柳本賢治と、細川高国の戦いが始まる。柳本賢治、京周辺を制圧する。
1530年 柳本賢治、暗殺される。
1531年 播磨の浦上村宗と細川高国が天王寺に戦死、細川晴元が政権を握る。
1543年 細川氏綱、高国跡目と称し細川晴元と戦う。
1547年 三好長慶、細川晴元から離反し氏綱方となる。
1548年 三好長慶、細川晴元・足利義晴を追放する。
1552年 三好長慶、足利義藤(足利義輝)と和す。
1564年 三好長慶死去。
1565年 足利義輝、三好三人衆に暗殺される。
1566年 三好三人衆と松永久秀が対立し、畿内各地で抗争。
1568年 足利義昭を奉じた織田信長上洛
以上で見たように政権掌握者は足利氏から細川氏に移り、続いて三好氏が政権を握った。細川氏は形式上は管領家であるから執政権が存在するが、細川氏内臣の三好氏にいたっては阿波撫養の豪族というだけで本来なら政権を執れるはずはない。ここに足利室町幕府の無力化は明確となった。実際、この前後から現代日本人が俗に戦国大名と呼んで親しんでいる武田信玄、上杉謙信北条氏康大友宗麟島津貴久などの華々しい活躍が始まり全国の戦国騒乱が本格化する。
三好長慶は京周辺を制圧した強大な軍事力をバックとして足利氏を追放する。三好政権の正当性が弱かったために周辺豪族の反発を招き、結局4年で足利義輝に屈服することとなる。三好長慶の死後は三好政権は迷走し、松永久秀・興福寺浅井長政らの協力を取り付けた織田信長に簡単に京を明け渡す(三好長慶から始まる三好政権について、「堺公方」も参照)。
毛利元就による中国支配への契機となった厳島の戦いもこの時期である。
[4]前ページ
(4.応仁の乱から明応の政変まで)
[6]次ページ
(6.信長登場以後)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/01/02 16:02
ソ人気記事ランキング
2018/02/24 更新
 1位大杉漣
 2位メイプルソープ事件
 3位志布志事件
 4位四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件
 5位2月23日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant