川内原子力発電所
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
川内原子力発電所(せんだいげんしりょくはつでんしょ)は、鹿児島県薩摩川内市久見崎町にある九州電力の加圧水型の原子力発電所である。川内原発(せんだいげんぱつ)とも呼称される。本記事では、以下「川内原発」と表記する。
川内原発は、九州電力としては玄海原子力発電所に次ぐ2か所目の原子力発電所である。2011年東日本大震災後の最初の定期点検で1・2号機が運転停止した後長く稼働されなかったが、2013年7月に国が定めた新規制基準に基づく審査を経て、2015年8月と9月にそれぞれ再稼働した。新規制基準に基づく再稼動は日本では初めてである[1]。再稼働に前後して、川内原発周辺の住民らによって原発の運転差し止めを求める訴訟と仮処分申し立てが起こされ、仮処分については2016年4月6日に福岡高等裁判所宮崎支部にて申し立て却下の判決が出た。(後述
2016年7月10日、鹿児島知事選で原発をいったん停止し再検査をすることを公約とした三反園訓が現職の伊藤祐一郎を破り初当選し、九州電力に対し即時停止を二度要請したが、その後、10月6日より定期検査に入った1号機に対し、自らに原発を稼働させるか稼働させないかの権限はないとした上で、再稼働を容認する姿勢に転じ[2][3]、1号機は同年12月8日に再び運転を再開した[4]
九州電力は2016年4月現在、3号機の増設に向けた手続きを行っている[5]
目次
1.所在地
2.発電設備
3.年表
4.主な動き
├4.1.故障・トラブル・事故
└4.2.訴訟
5.災害対策
├5.1.地震
├5.2.火山噴火
└5.3.原発事故への備え
6.広報活動
7.登場作品
8.脚注
├8.1.注釈
└8.2.出典
9.参考文献
10.関連資料
11.関連項目
12.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/06/23 00:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/20 更新
 1位日本
 2位徳勝仁
 3位山口組
 4位10月19日
 5位令和元年台風第19号
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant