先住民族の権利に関する国際連合宣言
▼人気記事ランキング
3.反応
3.1.支持
反対した国とは対照的に、国連と賛成した国々の指導者は宣言の採択に喜びを表した。潘基文国際連合事務総長は「国連加盟国と先住民族が痛ましい歴史を重ね、人権と正義と全ての人々のための開発への道へ共に進み解決を図る歴史的瞬間だ」と述べ、ルイーズ・アルブール人権高等弁務官は、カナダ人ではあるが、それまでの激務と忍耐が「これまでの先住民族の権利宣言の中でも最も包括的なものとして実った」ことに満足を示した[8]。同様に宣言の採択のニュースはアフリカでも歓迎された[9]。採択に臨んだボリビアのデビッド・チョケワンカ外相は反対及び棄権した加盟国が彼が世界人権宣言と等しく重要と評価するこの宣言を拒絶したことを再考することを望んだ[10]
[4]前ページ
(2.交渉と批准)
[6]次ページ
(3.2.批判)

8. United Nations adopts Declaration on Rights of Indigenous Peoples United Nations News Centre, 13 September 2007.
9. Africa: Jubilation as UN Approves Indigenous Peoples Declaration AllAfrica.com, 13 September 2007.
10. Aprueba ONU declaraci?n de derechos ind?genas El Universal, 13 September 2007.

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2017/09/26 16:01
ソ人気記事ランキング
2018/01/21 更新
 1位三毛別羆事件
 2位石狩沼田幌新事件
 3位ルパン三世 カリオストロの城
 4位小室哲哉
 5位有安杏果
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant