先住民族の権利に関する国際連合宣言
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
先住民族の権利に関する国際連合宣言(せんじゅうみんぞくのけんりにかんするこくさいれんごうせんげん)は、2007年9月13日ニューヨーク国連本部で行われていた第61期の国際連合総会において採択された国際連合総会決議
国際連合総会決議には国際法上の法的拘束力はないが、国連広報官は「同宣言は国際的な法律基準のダイナミックな発展を意味し、また国際連合の加盟国の関心や関与が一定の方向に動いたことを示した」としている。同宣言は、「世界の先住民族の待遇を整備する重要な基準であり、これはこの惑星の3億7000万人の先住民族に対しての人権侵害を無くし、彼らが差別マージナライゼーション(周辺化)と戦うのを援助するための疑う余地のない重要なツールである」と評した[1]
目次
1.目的
2.交渉と批准
3.反応
├3.1.支持
└3.2.批判
4.脚注
5.関連項目
6.外部リンク

1. Frequently Asked Questions: Declaration on the Rights of Indigenous Peoples United Nations Permanent Forum on Indigenous Issues.

出典:Wikipedia
2017/09/26 16:01
ソ人気記事ランキング
2018/01/22 更新
 1位三毛別羆事件
 2位石狩沼田幌新事件
 3位ルパン三世 カリオストロの城
 4位札幌丘珠事件
 5位小室哲哉
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant